「開発 IMとは」から探す!IT製品・セミナー情報

「開発 IMとは」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「開発 IMとは」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大にともない、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレータが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアにかかるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守にかかるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「開発 IMとは」に関するIT製品情報

画像処理ソフトウェア SDK ImageGear(イメージギア)  2016/07/01


ラネクシー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ImageGear Pro SDK / .NET SDK 38万9900円(税別)DICOMGEAR Pro SDK / .NET SDK 51万9900円(税別)

カテゴリ  開発ツール | その他開発関連

製品概要  世界最高水準の画像処理ソフトウェア開発キット。世界で5000万本以上の利用実績を持ち、2000以上の画像処理メソッド・プロパティを提供する。

オススメユーザー  画像を扱うアプリケーションを作成したい企業。高度な画像処理機能を手軽に実装したい企業。


BPM/ワークフロー統合ツール「IM-BIS」  2015/10/01


エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  開発ツール | ERP | ワークフロー | BPM | ETL

製品概要  業務フロー、業務画面、外部サービスを統合的に開発・管理・機能強化する基盤。各種情報を一元管理でき、業務効率の向上と開発生産性の向上を同時に可能とする統合ツール。

オススメユーザー  ビジネスプロセスのIT化を低コストで実現したい企業。intra-martと既存システムを柔軟に連携し業務効率を更に向上させたい企業。


Enterprise Imaging Platform  2017/02/15


キヤノンITソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  SOA | BPM

製品概要  社内で利用されている基幹系・情報系等の各種システムとMFPやスキャナなどのイメージデバイスを連携し、複雑な業務プロセスを効率化するSOAベースの開発プラットフォーム。

オススメユーザー  複雑な業務プロセスの効率化を考えている企業。紙の文書や伝票類が介在する、各種業務プロセスを効率化したい企業。


仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector  2017/11/15


ネットジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Virtual Edition:19万8000円(税別、1ライセンス)※1年間のサポートサービス費含む

カテゴリ  バックアップツール | サーバー仮想化 | ストレージ仮想化 | IT資産管理 | サーバー管理

製品概要  稼働中のサーバを確実・高速にバックアップ。ネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

オススメユーザー  サーバのバックアップに要する容量を削減しながら、簡単、安全、安価にバックアップ/リカバリできるツールを探している企業。


「開発 IMとは」に関するセミナー情報

Python入門講座

エパノ プログラミングスクール


開催日

 2月5日(月)

開催地 東京都   参加費 2万円(税込)


カテゴリ  開発言語 | CMS | EC

概要  Python言語の基本文法にフォーカスして変数・制御文・メソッド呼び出し、importなどの基礎的内容と、オブジェクト指向に関連する文法(インスタンス、継承、カ…

オススメユーザー  プログラマ|システムの設計・運用|情報システム部の統括


「開発 IMとは」に関するニュース



 マジックソフトウェア・ジャパン(MSJ)は12月15日、高速開発ツール「Magic xpa Application Platform」専用の開発支援ツールの新バージョン「Magic Optimizer 10」を発売した。Magic Optimizerでは、Magic xpa Application Platformで開発されたアプリケーションを分析、最適化、可視化し、ドキュメントを自動で生…


カテゴリ  開発ツール |




 エクセルソフトは、Java開発ツールの新版「Excelsior JET 12.0」を7月11日に発売した。AOT(Ahead-of-Time)コンパイラを最適化したことで、Javaアプリケーションのパフォーマンス向上が期待できる。本ツールでは、Javaアプリケーションそのものや機能コンポーネントであるクラスファイルを、ネイティブな実行ファ…


カテゴリ  開発ツール |




 IMVは、工場内の設備機器の振動データを分析して故障の早期発見を図る「ラムダバイブロ分析システム」をNTTテクノクロスと共同で開発し、2018年3月に受注を開始する。本システムは、設備機器に設置したセンサーの振動を収集して解析し、機器の状況を可視化する。主な特長は3つ。1つ目は、異変のある機器の場所を特…


カテゴリ  特定業種向けシステム | その他データ分析関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「開発 IMとは」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ