「長野県情報共有システム」から探す!IT製品・セミナー情報

「長野県情報共有システム」 に近い情報
「長野県」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「長野県情報共有システム」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説情報共有システムとは?

情報共有システム・コミニュケーションツールとはその名の通り、企業内あるいは顧客企業や協力会社との間で、様々な情報や業務ファイルを共有したり、よりスムーズな情報流通を図ってコミュニケーションの円滑化を実現したりするためのシステムやツールのこと。具体的には、企業内に散在するアプリケーションや情報資産に対して容易にアクセスするために、シングルサインオン機能や個人ごとにパーソナライズする機能を提供する「EIP(企業情報ポータル)」、複数の利用者がネットワークとコンピュータを利用して、オフィス内の情報を公開/共有/活用するための「グループウェア」、遠隔地にいるユーザ同士でビデオモニタを介した会議を実現するための「ビデオ会議」、企業内あるいは個々のエンドユーザが保有する様々な業務ファイルを社内もしくはグループ企業、さらには顧客企業や協力会社と共有する「ファイル共有」の仕組みなどが挙げられる。

「長野県」に関する特集



 近年、日本を訪れる外国人観光客の数は2014年に過去最高を記録し、急速に増加している。それに加え、2020年に東京オリンピックが開催されることから、訪日外国人の対応は喫緊の課題となっている。特に言葉の壁は課題の一つ。オリンピック準備局も多言語対応を訴えている状況だ。 今後「世界最先端IT国家」と「観光立国」を目指す日本は訪日観光客との言葉の壁をITで解決していかなければならない。そのような中、長野県スキー連盟は2015年8月29日に行われた国際大会「2015FISサマーグランプリジャンプ白馬大会」で、外国人選手の対応に多言語通訳サービスの「V-CUBE トランスレーター」を取り入れたという。V-CUBE トランスレーターは訪日外国人の対応にどれだけ効果があったのか、製品導入の担当者に話を聞いた。


カテゴリ  タブレット | Web会議



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「長野県情報共有システム」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ