「銀行通帳に記載される米印とは?」に近い情報
「銀行」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「銀行」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「銀行」に関する記事情報

連携機能で250兆円経済圏の可能性を秘める「APIエコノミー」とは? : 5分で分かる最新キーワード解説:

システム同士を連携させるAPI。多くの公開APIが利用できる「APIの銀行」となる存在も登場した。APIの今を解説する。

「RPAをお祭り騒ぎにはしない」三菱東京UFJ、RPAへの全力投球 : 事例で学ぶ!業務改善のヒント:

RPA活用の国内での先駆者として知られているのが三菱東京UFJ銀行に導入のいきさつと活用ノウハウを聞いた。企業規模問わず参考にしたいRPA活用の極意や、序盤では「RPAとマクロとの決定的な違い」も紹介しよう。

匿名加工情報とは? 基礎概念、利用用途を理解する : IT導入完全ガイド:

個人情報保護法は個人情報を守りながらも広く社会に貢献する情報活用に向けた道も整備している。情報銀行構想などはその一例だ。その際、カギとなる匿名加工情報とは何か。匿名化ソリューションとその利用用途はどんなものか、基礎情報を整理する。

「ご確認」メールで、あなたの会社の銀行口座が狙われる : セキュリティ強化塾:

突然、亜種が生まれ、大量の攻撃が発生するマルウェア。日本語メールで銀行口座を狙う「URSNIF」が復活した。

インターネットバンキングのサイバー攻撃対策事情、ジャパンネット銀行の取り組み : 事例で学ぶ!業務改善のヒント:

日本初のインターネット専業銀行、ジャパンネット銀行ではさまざまなセキュリティ対策を実施。日々新たな「不正送金マルウェア」が見つかる中、同社ではどのような対策を行っているのか?その取り組みを追った。

「銀行」に関するIT製品情報

大規模環境でのエンドポイント防御の課題、ビッグデータ処理を効率化する方法は

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

膨大なデータを抱える大規模環境では、エンドポイント防御における分析の非効率さがしばしば課題となる。Fortune 500の1つとして知られる銀行の事例を基に、対策の強化と悪意のあるアクティビティーの可視化におけるポイントを紹介する。

仮想化基盤のリソース枯渇を解消、山形銀行がvSANベースのHCIで得た2つの効果

株式会社日立製作所

山形銀行は、約150の業務システムの運用効率化を目指し仮想化基盤への移行を推進中だが、「リソース枯渇」という新たな課題に直面。拡張性やバックアップなどの面で問題を抱えてしまった。どのようにして仮想化基盤の課題を解消したのか。

琉球銀行のワークスタイル変革を支える、高可用性シンクライアント基盤の仕組み

ニュータニックス・ジャパン合同会社

ワークスタイル変革に積極的な琉球銀行は、シンクライアントに全面的に移行しよ うと、その基盤づくりに取り組んだ。柔軟な拡張性や管理のしやすさ、可用性の 高さなど求められた要件は多岐にわたる。その条件をどうクリアしたのか。

住信SBIネット銀行と東京商工リサーチに学ぶ、メールマーケティング強化の秘訣

株式会社パイプドビッツ

既存顧客や見込み客とのコミュニケーションツールとして活用されるメールマーケ ティング。システム構築アプリを使ってメール配信インフラとシステムを連携さ せ、メールマーケティングを強化した2社の事例から、効果を出す連携法を探る。

詐欺・妨害など深刻化する不正行為、一元的対策を実現するマシンデータ活用とは

Splunk Services Japan

アカウントや個人情報の盗難などの不正行為が深刻化している中、サービスの 提供を続けるには顧客を不正行為から保護できる一元的な対策が必要だ。 医療機関や銀行などの事例から、その要となるマシンデータの活用法を紹介する。

「銀行」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。