「重複フォント 削除 管理」から探す!IT製品・セミナー情報

「重複フォント 削除 管理」 に近い情報
「削除 管理」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「重複フォント 削除 管理」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「削除 管理」に関するIT製品情報

セキュリティイベント監視・分析 GFI EventsManager  2015/11/01


ネクスト・イット

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ●参考価格50ライセンス:183万7500円 100ライセンス:350万円※税別

カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |

製品概要  LAN上にインストールし接続されているすべてのハードウェア、ソフトウェアが生成するログをイベントとして収集し一元管理できる。ログの解析、削除などの自動処理も可能。

オススメユーザー  ネットワークセキュリティ、法令遵守、あるいはフォレンジック調査などで「イベントの監視・分析・管理」を検討中の企業。


ファイルサーバスリム化「活文 File Server Optimizer」  2016/10/15


日立ソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 活文 File Server Optimizer パッケージ標準価格2TBライセンス :120万円(税別)〜

カテゴリ  サーバー管理 | ファイルサーバ

製品概要  ファイルサーバの状況を可視化し、不要ファイル候補をピックアップ。不要ファイルの削除によりファイルサーバの増設を抑止。ファイルの自動分類・検索で業務効率を向上。

オススメユーザー  ファイルサーバの肥大化対策、現状把握、運用ルールの検討をしたい企業。情報資産を有効に活用したい企業。


「削除 管理」に関する特集



 さて、前回のコラムでは、マイナンバーガイドラインにおいて事業者に求められている適正な機器・電子媒体の廃棄・削除が、現段階では事業者のご担当者にとって他の取り組みに比べ優先順位が低いと思われることが多く、その対策が漏れてしまいがちであるとお話しいたしました。賢明な読者の方々は、もしかすると既に適正な廃棄ができる事業者の選定を検討し始めていらっしゃるかもしれませんが、その前に予定を若干変更し、もう少しガイドラインについてお話させていただきます。 実は、機器・電子媒体の廃棄・削除への取り組みが抜け落ちてしまいがちな要因はガイドラインの記載にもあるのです。実際にガイドラインの本文の第4−3−(3)のB『保管制限と廃棄』において、明確には機器・電子媒体の廃棄については触れられていません。ただ一言だけ“廃棄方法等の具体的な内容について、「(別添)特定個人情報に関する安全管理措置(事業者編)」を参照のこと。”とあるだけなのです。これでは、事業者の皆様が機器・電子媒体の“廃棄”についての優先順位が低くなっても止むを得ないかもしれません。


カテゴリ  その他物理セキュリティ関連 |




 前回は、3つの経営層への説得シナリオの1つとして「IT中長期計画との整合性」についてお話した。 今回は、SOX法・内部統制対応の際に、多くの企業でIAMのニーズが発生した「リスク対応」について説明したい。 内部関係者が、システム上で不正・ミスを起こす場合というのは、過去の歴史を振り返ると、1人の担当者に権限が集中している場合が圧倒的に多い。システム監査が必要となった背景とされる“サラミ手法”の例をとっても、新たにIDを作成し、架空口座に1円未満の端数を入金するように財務関連のプログラムを修正、その後、本番プログラムを置換し、その痕跡が残らぬようにIDを削除、履歴を改ざんするといった不正が典型的である。こういった不正およびミスを防ぐために、IAMソリューションが導入されるというわけだ。 弊社が過去にお客様とお話した限り、不正を助長させる原因は、以下に示す“不適切ID群”という6つのタイプのIDが大きな原因と推察する。言い換えると“不適切ID群”が存在しなければ、大半の不正・ミスを予防できるということになる。下記の一覧に、6つの不適切ID群とはどのようなIDなのか、またどのような問題を抱えているか、どのように解決していくべきかを記載する。


カテゴリ  ID管理 |


「削除 管理」に関するニュース



 ネクスト・セキュリティ株式会社は、ウイルス対策ソリューション「フォアグラ スキャン システム」の機能を強化した新バージョンの出荷を開始した。「フォアグラ スキャン システム」では、端末上に潜在するウイルスを、最大30社のウイルススキャンエンジンを利用してチェック・検疫・削除できる。複数のウイルス対…


カテゴリ  アンチウイルス | その他運用管理関連




 インヴェンティット株式会社は、スマートデバイス向け遠隔管理ソリューション(MDM)「MobiConnect」の新バージョン「Ver.23」をリリースした。「MobiConnect」は、スマートフォンに対し、遠隔地から、利用禁止“ロック”や工場出荷時設定への初期化“ワイプ”、データ削除などを行なえるため、スマートフォン紛失…


カテゴリ  MDM | その他エンドポイントセキュリティ関連




 ソフトバンクは、法人向けに「Windows 10 Mobile」を搭載したスマートフォン「SoftBank 503LV」(レノボ製)を10月下旬以降に発売する。SoftBank 503LVは、外出先からVoIP電話やWeb会議を利用できるクラウドサービス「Skype for Business」や、遠隔データ削除とアプリケーションの配布など一元管理を可能にする「M…


カテゴリ  スマートフォン |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「重複フォント 削除 管理」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ