「部門間 業務連絡 仕組み 情報共有システム」から探す!IT製品・セミナー情報

「部門間 業務連絡 仕組み 情報共有システム」 に近い情報
「部門間 仕組み」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「部門間 業務連絡 仕組み 情報共有システム」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説情報共有システムとは?

情報共有システム・コミニュケーションツールとはその名の通り、企業内あるいは顧客企業や協力会社との間で、様々な情報や業務ファイルを共有したり、よりスムーズな情報流通を図ってコミュニケーションの円滑化を実現したりするためのシステムやツールのこと。具体的には、企業内に散在するアプリケーションや情報資産に対して容易にアクセスするために、シングルサインオン機能や個人ごとにパーソナライズする機能を提供する「EIP(企業情報ポータル)」、複数の利用者がネットワークとコンピュータを利用して、オフィス内の情報を公開/共有/活用するための「グループウェア」、遠隔地にいるユーザ同士でビデオモニタを介した会議を実現するための「ビデオ会議」、企業内あるいは個々のエンドユーザが保有する様々な業務ファイルを社内もしくはグループ企業、さらには顧客企業や協力会社と共有する「ファイル共有」の仕組みなどが挙げられる。

「部門間 仕組み」に関するIT製品情報

Dr.Sum EA  2016/03/31


ウイングアーク1st

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 100万円(税別)〜

カテゴリ  BI | データ分析ソリューション

製品概要  企業システムに蓄積されたデータを部門間や全社規模で集計分析。Excelやブラウザを用いて、自由な集計分析を実現する多次元高速集計検索エンジン。

オススメユーザー  社内データを現場レベルで有効活用したい企業。Excelでの集計業務を効率化したい企業。


intra-mart 文書管理ソリューション  2015/02/01


エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 intra-mart Accel Documents 〜50ユーザ 80万円よりintra-mart Accel Archiver 〜50ユーザ 60万円より※税別

カテゴリ  文書管理 |

製品概要  文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローに合わせて、文書確認・編集・承認・通知配信・保管・廃棄などをタイムリーに実行できる文書管理システム。

オススメユーザー  全社、グループ会社規模での文書管理体制を構築したい企業。部門間、拠点間でのセキュアな文書共有を実現したい企業。


企業間・部門間情報共有プラットフォーム PROCENTER/C  2016/11/01


NEC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Standardサーバライセンス:100万円〜最大100万ファイル数登録、2000ユーザまで(2000ユーザ超の場合はServer Edition)※税別

カテゴリ  ファイル共有 |

製品概要  複数サーバに散在する文書やファイルを統合管理できる文書・コンテンツ管理システム。大容量ファイルの高速転送、授受管理が可能で、社外・海外企業との情報共有も効率化。

オススメユーザー  社内の文書やデータを一元管理し、効率的に活用したい企業。社外パートナーや海外拠点と安全かつ確実に情報共有を行いたい企業。


「部門間 仕組み」に関する特集



拠点間や部門間でのコミュニケーションロスやメンバー異動等による、経営スピードの低下は避けたいもの。今回は、部門ごとの売上や損益の状況を即時に吸い上げ、より迅速に経営判断に活用できる仕組みを紹介します。


カテゴリ   |




 今回から数回にわたって、実際に社内SNSを利用している企業でどのような効果が出ているのか、についてご紹介してまいります。利用している社内SNSはリンコム社製の「智泉」です。まずは第一弾として、部門間の交流を促進する効果についてご紹介してまいります。


カテゴリ  社内SNS | グループウェア




 cloudpackが公開しているセキュリティホワイトペーパーの要点を紹介する連載の第3回目は、業務ネットワークのセキュリティにまつわる部分を解説します。cloudpack事業部は他の事業部とは独立した社内ネットワークを構築しています。AWS Direct Connectなどを含む各種閉域ネットワークサービスを活用して、オフィスとAWSをセキュアに接続し、AWSを社内インフラの基盤にしています。 特徴的なのは、認証情報を司るサーバーを独立した環境で一元管理することで、極めてセキュリティ強度の高いシステムにしている部分です。この設計や考え方は、御社のデータセンターや事業拠点、部門間における業務ネットワークのセキュリティを考えるにあたり、参考になるかもしれません。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | IaaS/PaaS



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「部門間 業務連絡 仕組み 情報共有システム」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ