「部としての底上げ」から探す!IT製品・セミナー情報

「部としての底上げ」 に近い情報
「部として」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「部としての底上げ」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「部として」に関する特集



 「続きはウェブで!」というフレーズを一般紙や電車内の広告で目にすることが多くなった。これはインターネットの浸透により、ウェブサイトが生活の一部として利用されていることを示す一例だろう。このように日々利用されているウェブサイトの裏側で、事件が発生していることをご存じだろうか。本記事を含め計4回の連載では、ウェブサイトにおける事件に触れながら、情報セキュリティの観点からIPAの取り組みに基づいた「ウェブサイトを安全に運営するためのポイント」を紹介していく。 まず第1回目の本記事では、どんなウェブサイトでどんな事件が起こっているのかに触れ、事件の原因となる脆弱性を説明する。それでは、ウェブサイトにおける事件をみていこう。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




 1960〜1970年代、汎用事務処理用コンピュータを管轄する部門は本社総務や経理部門の一部として始まった。やがてコンピューターの適用業務は販売や物流等に拡がり始め、独立したEDP部門として存在するようになる。まだシステムでなくEDP(Electronic Data Processing)と呼ばれた時代である。のちのICT部門の黎明期であるが、最先端の機器を導入し、省力化を実現してくれるという触れ込みで高度経済成長期とも重なり、経営者からも、社内ユーザからも期待される存在であった。ポテンシャルの高い人材が優先的に配属され、人員も増加の一途をたどり、将来展望が開けていたのである。


カテゴリ  システムコンサルティング |




 富士通が、社内の文書データなどのコンテンツ一元管理のために企業向けクラウドストレージサービス「Box」を導入することを決めた。対象となるのは国内外の同グループ従業員約16万人だ。 富士通とBoxは、戦略的パートナーシップに向けた覚書(MOU)を締結し、2016年10月以降、富士通のデータセンターからBoxを提供する。また、2017年からは「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」の一部として、富士通のサービスとBoxを組み合わせる形で販売を予定する。


カテゴリ  オンラインストレージ/ファイルストレージ |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「部としての底上げ」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ