「遮断器 GISとC−GISの違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「遮断器 GISとC−GISの違い」 に近い情報
「遮断」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「遮断器 GISとC−GISの違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「遮断」に関するIT製品情報

セキュリティスイッチ HanDreamnet SGシリーズ  2015/02/15


ギガ+他

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 SG2024G:55万円※税別

カテゴリ  ネットワークスイッチ | IPS

製品概要  既存のL2スイッチ(HUB)と置き換えるだけで、サイバー攻撃をリアルタイムで検知・遮断し、ネットワーク環境を安全に守るセキュリティスイッチ。管理も容易。

オススメユーザー  既存のネットワーク環境を極力変更せず、標的型攻撃やウイルス/ワームの拡散から社内ネットワークを守りたい企業。


NX NetMonitor+FireEye NX連携ソリューション  2017/04/22


日立ハイテクソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 個別見積りとなります。詳細はお問い合わせ下さい。

カテゴリ  IPS | その他ネットワークセキュリティ関連

製品概要  マルウェア対策製品「FireEye NX」と不正PC監視/強制排除製品「NX NetMonitor」の連携により、標的型サイバー攻撃の検知と感染した端末の排除を自動化するソリューション。

オススメユーザー  標的型サイバー攻撃の検出から遮断までを自動化して迅速に対応したい企業。インシデント検出時の運用を効率化したい企業。


アンチスパムソリューション「Active! hunter」  2017/02/16


クオリティア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 スタンダードライセンス(企業版) 50ユーザ:18万6000円(税別)〜アカデミックライセンス(文教版) 50ユーザ:13万1000円(税別)〜

カテゴリ  メールセキュリティ | その他メール関連 | フィルタリング

製品概要  コラボレーション型「CLOUDMARK」、学習型「SVM」の強力なツインエンジンを搭載したアンチスパムソリューション。アプライアンスタイプも提供。

オススメユーザー  ◎日本語迷惑メールにお困りの方◎既存品の遮断率に満足できず、より使いやすいアンチスパムソリューションを求めている方


NextGen Firewall Fシリーズ(旧 NextG Firewall)  2017/03/31


バラクーダネットワークスジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 【参考価格】NextGen Firewall F100: 23万円※税抜

カテゴリ  ファイアウォール | UTM

製品概要  UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。

オススメユーザー  複数拠点のインターネット接続を安全に行いたい企業。セキュリティ対策を確実かつ一元的に行いたい企業。


NetSkateKoban(不正接続端末検知・遮断/Network可視化システム)  2017/05/12


ギガ+他

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 センサAX:19万9000円(税別)

カテゴリ  検疫 | IPS | その他エンドポイントセキュリティ関連 | ネットワーク管理

製品概要  不正端末の接続を検知し、排除。◎各端末へソフトのインストール不要◎VLAN対応で、低コスト◎IPv6対応◎地図表示によるネットワーク可視化◎端末の通信誘導(利用限定)

オススメユーザー  不正端末のネットワークへの接続をコントロールしたい企業。ISMS、Pマークを取得している/取得準備中の企業及び特定部門。


「遮断」に関する特集



怪しい振る舞いや攻撃、不正侵入の試みを検知し、リアルタイムに接続を制御できる「IPS」!簡単アニメでサクッと解説します!


カテゴリ  IPS |




 ビジネスへのIT利用の普及は、ネットワーク化・オンライン化の面がとても大きい。メールやWeb等を介してデータをそのまま、もしくは加工して高速に伝送することで、IT普及前に比べ、処理できる仕事量は爆発的に増加した。ただし便利な分“うっかり/故意”に関わらず、事故が起きやすいのも想像に難くなく、実際に事故の報道があとを絶たない。 今回はネットワークからの情報漏洩に対し「できるだけ利便性を損なわず守るべき情報を守る」方法について検討する。


カテゴリ  DLP | その他ネットワークセキュリティ関連




 ドアのカギを開けっ放しにして外出する人はほとんどいないはずだ。誰だって家の中の大事なモノを取られたくない。 だが企業や組織がインターネットに接続したり、Webサイトや公開サービスを立ち上げしたりする場合はどうだろう。インターネットと接続するということは、そのサイトを構成するサーバやデータベースから個人情報やクレジットカード情報などの情報を取られたり(窃取)、別のデータに書き換えられたり消されたり(改ざん、消去)、負荷をかけて利用しにくくするなど(サービス妨害)の危険(脅威)と隣り合わせになる。 したがって、上記の危険を避けるために、要塞化と呼ばれる最新のOS、ソフトウェアなどの利用、それらソフトの安全な設定、更にWebアプリケーション脆弱性対策やファイアウォール、IDS/IPSによるアクセス制限、攻撃の検知・遮断など、何らかのセキュリティ対策は実施している“はず”だ。


カテゴリ  セキュリティ診断 |


「遮断」に関するニュース



 サイバーセキュリティクラウド(CSC)は、クラウド型WAF「攻撃遮断くん サーバセキュリティタイプ」に「使い放題プラン」を追加した。価格は月額80万円(税別)。「攻撃遮断くん」は、WebサイトやWebサーバへのさまざまな攻撃を遮断するセキュリティサービス。クラウド型のため、保守や運用の手間が省ける。同サー…


カテゴリ  WAF |




 ソフトクリエイトは、不正アクセス検知・遮断システム「L2Blocker」の新バージョン(4.7.1)の提供を5月31日に開始する。本システムでは、ネットワーク内のアドレス解決プロトコル(ARP)パケットを読み取り、不正端末のアクセスを検知、遮断する。WindowsのPCだけでなく、Macや、Linux/UNIX搭載端末、iPhoneやA…


カテゴリ  IPS | IDS | IT資産管理




 NTTコミュニケーションズは、社内システムへの不正アクセスを特定した後、それにより感染した端末の通信を自動遮断するサービス「プロアクティブ レスポンス」の提供を開始した。本サービスは、同社の総合リスクマネジメントサービス「WideAngle」のマネージドセキュリティサービスの新メニュー。セキュリティオ…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「遮断器 GISとC−GISの違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ