「運送業界 伝票連携」から探す!IT製品・セミナー情報

「運送業界 伝票連携」 に近い情報
「運送」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「運送業界 伝票連携」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「運送」に関するIT製品情報

スマートフォン用アルコールチェッカー 「アルキラー」  2017/03/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 アプリ+検知機器初期費用:1万8000円 /デバイス年額費用:1万円 /デバイス※税別

カテゴリ  その他情報システム関連 | スマートフォン | その他スマートデバイス関連

製品概要  発売から約4年で導入企業5000社を突破した、スマートフォン用アルコールチェックシステム。ドライバーからメールで送られてきた検知データを専用ソフトで一括管理できる。

オススメユーザー  アルコール検知器の使用が義務付けられている事業用自動車が稼働している企業。百貨店・コンビニなどの流通企業、運送会社など。


「運送」に関する特集



 5月26、27日に行われた伊勢志摩サミット。世界経済に対する各国の認識の違いや、オバマ大統領の広島訪問など、多くの関心を集めたイベントが多かった。その陰となりあまりニュースでも取り上げられなかったが、今まで様々な物議を醸し出してきたITビジネスが日本で密かにスタートしたのをご存じだろうか? 日本で初めて、uberX(自家用車によるタクシーサービス)が開始されたのだ。 場所は京都府の北部に位置する人口5500人ほどの丹後町。過疎化により2008年にタクシー会社が撤退してしまい、路線バスも1日十数本という状況の中、高齢化した住民の足となるサービスとしてUberとNPO法人が手を組み、Uberのアプリをベースとした「ささえ合い交通」サービスがスタートした。これは2016年5月に、国土交通省が特例として過疎地などに認められる「自家用有償旅客運送」を今回の取り組みに対して認めたものだ。   ささえ合い交通では、Uberの利用者向けアプリとドライバー向けアプリをそのまま使い、地元の一般ドライバー18人が配車依頼に対応するという。欧米における本来のuberXとは多少趣旨が異なるが、今まで普通の企業では採算が取れずに解決できなかった課題を、IT活用によるシェアリングエコノミーが解決していくことは今後ますます増えていくだろう。 そのような背景もあり、今回の記事では「○○のUber」と呼ばれる、欧米のユニークなビジネスを紹介していきたい。


カテゴリ   |


「運送」に関するニュース



 交通情報サービス(ATIS)とスマートウェーブ・テレコミュニケーションズ、住友電工システムソリューションは協業し、運送・運輸・物流事業者向けの車両動態管理クラウドサービス「iGPS on NET」の提供を開始した。本サービスでは、GPSで取得した車両位置情報と、VICS(道路交通情報通信システム)による道路交通情…


カテゴリ  特定業種向けシステム | GPS



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「運送業界 伝票連携」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ