「運用管理SEとオペレーターの違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「運用管理SEとオペレーターの違い」 に近い情報
「運用管理S」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「運用管理SEとオペレーターの違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説運用管理とは?

運用管理とは、ITシステムを少しでも効率よく運用していくための仕組みのこと。たとえば、サーバを数台導入するだけなら、どのサーバにどんなアプリケーションやデータベースがインストールされているのかを把握しておくことは難しい話ではないが、あらゆる部門で複数のサーバとアプリケーションが多数稼働するようになると、とてもシステム管理者の頭の中だけで把握しておくことは難しく、サーバ管理やネットワーク管理、パフォーマンス診断、ファシリティマネジメントといった個別の管理ツールが必要になる。しかし、システム規模が大きくなってきたり、システム構成が複雑になってきたりすると、管理ツールの操作にも手間取るケースが出てきてしまう。そこで、ITシステム全体の稼働状況などを統合コンソールから共通化されたオペレーション環境で一元管理するための仕組みが必要になり、その結果、運用項目ごとに導入する単体の運用管理ツールと、システム全体を管理する統合運用管理ツールが製品化されるようになった。

「運用管理S」に関するニュース



 NTTコムウェアは、DevOps(開発部門と運用部門が連係する開発手法)サイクルの迅速化・効率化を図るクラウドサービスとして、開発環境「DevaaS(Development as a Service)2.0」とIT運用管理システム「SmartPIER」のトライアルユーザーの募集を開始した。本格提供開始は前者が2017年6月30日、後者が2017年5月1日…


カテゴリ  開発環境/BaaS | IaaS/PaaS | データセンター運用 | その他運用管理関連 | DevOps



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「運用管理SEとオペレーターの違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ