「運用管理製品 IT シェア 2016」から探す!IT製品・セミナー情報

「運用管理製品 IT シェア 2016」 に近い情報
「IT シェア 2016」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「運用管理製品 IT シェア 2016」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説運用管理とは?

運用管理とは、ITシステムを少しでも効率よく運用していくための仕組みのこと。たとえば、サーバを数台導入するだけなら、どのサーバにどんなアプリケーションやデータベースがインストールされているのかを把握しておくことは難しい話ではないが、あらゆる部門で複数のサーバとアプリケーションが多数稼働するようになると、とてもシステム管理者の頭の中だけで把握しておくことは難しく、サーバ管理やネットワーク管理、パフォーマンス診断、ファシリティマネジメントといった個別の管理ツールが必要になる。しかし、システム規模が大きくなってきたり、システム構成が複雑になってきたりすると、管理ツールの操作にも手間取るケースが出てきてしまう。そこで、ITシステム全体の稼働状況などを統合コンソールから共通化されたオペレーション環境で一元管理するための仕組みが必要になり、その結果、運用項目ごとに導入する単体の運用管理ツールと、システム全体を管理する統合運用管理ツールが製品化されるようになった。

「IT シェア 2016」に関する特集



 5月26、27日に行われた伊勢志摩サミット。世界経済に対する各国の認識の違いや、オバマ大統領の広島訪問など、多くの関心を集めたイベントが多かった。その陰となりあまりニュースでも取り上げられなかったが、今まで様々な物議を醸し出してきたITビジネスが日本で密かにスタートしたのをご存じだろうか? 日本で初めて、uberX(自家用車によるタクシーサービス)が開始されたのだ。 場所は京都府の北部に位置する人口5500人ほどの丹後町。過疎化により2008年にタクシー会社が撤退してしまい、路線バスも1日十数本という状況の中、高齢化した住民の足となるサービスとしてUberとNPO法人が手を組み、Uberのアプリをベースとした「ささえ合い交通」サービスがスタートした。これは2016年5月に、国土交通省が特例として過疎地などに認められる「自家用有償旅客運送」を今回の取り組みに対して認めたものだ。   ささえ合い交通では、Uberの利用者向けアプリとドライバー向けアプリをそのまま使い、地元の一般ドライバー18人が配車依頼に対応するという。欧米における本来のuberXとは多少趣旨が異なるが、今まで普通の企業では採算が取れずに解決できなかった課題を、IT活用によるシェアリングエコノミーが解決していくことは今後ますます増えていくだろう。 そのような背景もあり、今回の記事では「○○のUber」と呼ばれる、欧米のユニークなビジネスを紹介していきたい。


カテゴリ   |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「運用管理製品 IT シェア 2016」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ