「運用 開発 一体化 メリット」から探す!IT製品・セミナー情報

「運用 開発 一体化 メリット」 に近い情報
「運用 開発 メリット」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「運用 開発 一体化 メリット」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大にともない、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレータが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアにかかるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守にかかるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「運用 開発 メリット」に関する特集



機能を最小限に抑えた端末を用いたシンクライアントの技術。働き方革命に伴って、その仕組みが再び注目を集めている。あのヤマトシステム開発も導入したというが、その効果やいかに。デメリットと合わせて紹介する。


カテゴリ  シンクライアント | VDI | その他仮想化関連




 初代iPhone発売から9年が経ち、消費者がさまざまなシーンでスマートフォンを利用するようになった今、小売、運輸、出版、不動産といったITサービスの提供を主な収益源にしていないB2C企業においてもモバイルアプリを自社ビジネスに生かしたいという機運は益々高まってきており、実際に多くのアプリが世に出ています。 しかしながら、自社ビジネスとの親和性やモバイルアプリだからこそできるメリットを十分に考慮せずに開発されたアプリも多いのが現状です。 これらのアプリは多額の費用をかけたにもかかわらず、ダウンロード数ばかりを気にしてアプリ本来の目的が見失われてしまっているものが多く、結果、「モバイルアプリはもうからない」という主張を後押しする要因にもなってしまっています。 本連載では上記のような状況を見直す一助となるべく、これまで世界25カ国、2700以上のモバイルアプリに導入され、さまざまなアプリの成長を支援してきた弊社の実績を元に、B2C企業がアプリを企画・制作・運用し、収益を上げるために知っておくべきことを解説していきます。 初回ではB2C企業がアプリの企画・制作・運用に取り組むべき理由を探っていきます。


カテゴリ  その他開発関連 | 開発ツール



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「運用 開発 一体化 メリット」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ