「退職者個人番号保管 何年」から探す!IT製品・セミナー情報

「退職者個人番号保管 何年」 に近い情報
「何年」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「退職者個人番号保管 何年」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「何年」に関する特集



 今日の企業のビジネス活動は、様々な局面において情報システムに支えられている。ソフトウェアの機能は機械のように劣化することがなく、いつまでも問題なく動くと思っている人は多いのではないだろうか。ところが、情報システムを取り巻く脅威は、日々変化している。ある日突然、情報システムに対する新しい攻撃手法が開発されたり、情報セキュリティ上の「弱点」が発見されるケースがあるからだ。開発時から何年間も更新されていないシステムは、そうした脅威の変化に対応できない。昨日まで安全だった情報システムが今日も安全であるとは限らないことをきちんと認識する必要がある。そこで今回は、企業の情報システムに潜む「脆弱性」について、詳しく紹介していきたい。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 経営者やユーザ部門責任者との相互理解を深め、納得性の高いICTコスト管理を推進するには、俗にいう「コストの見える化」が重要である。その上で経年の変化を見据え、技術動向を見定めた計画を立て、実施することが最適化の王道である。 しかし大半の企業では、日常の運用業務やトラブルに振り回され、必要に迫られてのパッチ的なシステム対応や、緊急時の対症療法的機器の購入等が優先され、ICTシステムの適正化はほど遠い状態になっている。 見える化はおろか棚卸しさえも実施していない企業もある。ある企業ではシステムのハード・ソフトの棚卸し結果、業務システムに組み込まれたパッケージソフトのメンテナンス料を既に利用されていないにもかかわらず、何年にも渡って払っていた事が判明したという。思い当たる読者も多いのではないか。


カテゴリ  運用系業務アウトソーシング |




今月は、クラウドコンピューティングとIT運用の関わりについて取り上げてみたい。クラウドがブームとなってからもう何年も経つが、今日においてクラウドは新たなトレンドというよりも、私達の身の回りに定着しつつある現実として捉えた方が良いだろう。これからクラウドコンピューティングについて考えるにあたって、まず始めにクラウドコンピューティングにはどのようなものがあるのか概観してみよう。御存じの方も多いと思うが、クラウドコンピューティングには大まかに分けて「パブリッククラウド」と「プライベートクラウド」がある。パブリッククラウドは、クラウドサービスのプロバイダーが基本的にインターネット越しに提供するもので、ユーザ企業は料金を支払ってサービスを利用するだけである。一方でプライベートクラウドは、ユーザ企業自身が仮想環境を構築し自社専用のクラウドサービスを利用するものである。さらに、パブリッククラウドとプライベートクラウドを併用した利用形態を「ハイブリッドクラウド」という。今まである程度のIT機構を自社内に構築してきたユーザ企業は、ハイブリッドを選択する事になるであろう。セキュリティ等への懸念からデータを外部におけないシステムや、或いは大規模な演算処理等を行うシステムは、自社内(プライベートクラウド上、或いは旧来の独立したサーバ・メインフレーム上)に持ち、それ以外のシステム(所謂フロントエンド系のシステム)はパブリッククラウドを利用するという形態が、現実的に最も多くなると考えられる。


カテゴリ  その他運用管理関連 | IaaS/PaaS



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「退職者個人番号保管 何年」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ