「輸出 電子メール 課税」から探す!IT製品・セミナー情報

「輸出 電子メール 課税」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「輸出 電子メール 課税」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説電子メールとは?

電子メールとは、インターネットや専用線を介して、個人間あるいは個人対複数人などの間で、テキストデータ/画像データ/音声データなどをやり取りするための仕組みのこと。実装方式としては、自社にメールサーバを立て、エンドユーザの各PCに電子メールクライアントをインストールして実現する方法のほか、最近ではエンドユーザのPCに電子メールクライアントをインストールすることなく、Webブラウザ経由で電子メールのやり取りをすることができるWebメールも広く利用されている。

「輸出 電子メール 課税」に関する特集



 2012年7月から「関税法」が改正され、輸出入に係る電子メールなどの保存義務が導入されたのをご存知でしょうか?昨今、電子メールによる取引が一般化し、公平な課税の確保、事後調査等で電子メール確認の必要性などを目的として、電子メール及び添付ファイルに対する保存が義務付けられました。輸出入に関わる取引の関係書類を電子メール・添付ファイルでやり取りした場合、輸出入許可日の翌日から5年間、保存しなければなりません。輸出入にまつわる取引で受領・交付した注文書、契約書、送り状、領収書、見積書などがその対象となります。


カテゴリ  メールアーカイブ |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「輸出 電子メール 課税」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ