「超高速開発」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「超高速開発」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「超高速開発」に関する記事情報

SIer不要論、情シス飛ばし、超高速開発ツール選びの分岐点 : IT導入完全ガイド:

一見すると同じように見える「超高速開発ツール」、開発するアプリケーションの種類によっても選択肢が異なる。「SIer不要論」「情シス飛ばし」の状況を打破する、超高速開発ツール選択の勘所を徹底解説する。

なぜ注目されるのか? 超高速開発ツールの基礎知識 : IT導入完全ガイド:

「超高速開発ツール」の名のもとに、さまざまな開発支援ツールがアプリケーション開発の現場で利用されている。この超高速開発ツールにおける基本的な仕組みを紹介しながら、メリットについて解説する。

「超高速開発」に関するIT製品情報

超高速開発ツールによるアプリ開発で開発者の意識改革を促進

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

永谷園は賞味期限確認業務の効率化と自動化を目的に、マルチデバイス対応の超高速開発ツールを導入。モバイル開発環境の整備や開発担当者の意識変革につながった。

VBA開発比で生産性は2~10倍に。社内のカイゼン意識も向上

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

吉田プラ工業は社内システム開発の生産性を上げるために超高速開発ツールを導入。Excel VBAで開発していた頃と比べて、生産性は2~10倍ほど向上したという。

超高速開発プラットフォーム「AZAREA」

株式会社シーエーシー

プログラム自動生成、ETLのバッチ処理高速化、ワークフロー、ビジネスルールなど、業務アプリケーション開発に必要な各機能を備えた超高速開発プラットフォーム。

Web Performer

キヤノンITソリューションズ株式会社

超高速開発により、ビジネス全体の省力化と生産性向上をサポート

Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動)

株式会社ビルドシステム

デジタルイノベーションの実現を支援する開発プラットフォーム

「超高速開発」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。