「資産の使い道」から探す!IT製品・セミナー情報

「資産の使い道」 に近い情報
「資産の」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「資産の使い道」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「資産の」に関するIT製品情報

総合資産管理サービス(アセットナビサービス)  2015/12/15


日立キャピタル

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  統合運用管理 | IT資産管理

製品概要  固定資産、什器備品、リース資産などの資産を確実に、効率よく管理するための機能をASPサービスで提供する資産管理サービス。

オススメユーザー  コストをかけずに資産管理を効率よく行いたい企業。様々な資産の情報を一元的に、履歴まで含めて容易に管理したい企業。


クラウド型貸出管理システム レンタル「見える化」@web  2013/08/01


ヤマトシステム開発

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用 30万円月額費用 3万円〜※税別

カテゴリ  その他運用管理関連 | ワークフロー | 在庫管理システム | 特定業種向けシステム

製品概要  予約申請・承認や貸出履歴・在庫照会、「期限お知らせ」の自動メール配信など、レンタル管理業務を効率化するシステム。クラウド型なので、短納期・低コストで導入可能。

オススメユーザー  自社資産の貸出管理を効率化したい総務部門。手間なく商品の貸出管理システムを導入したいレンタル事業者、商社、メーカーなど。


つながる設計書ツール『SI Object Browser Designer』  2015/12/15


システムインテグレータ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オンプレミス版 35万8500円〜クラウド版 月額2万円〜※税別

カテゴリ  開発ツール | その他開発関連

製品概要  設計工程をシステム化し、基本/詳細設計書の生産性、品質を改善。自動バージョン管理や設計資産の再利用、標準化も可能。

オススメユーザー  ソフトウェアの設計工程において、「品質」「生産性」「変更管理ができない」「属人化」などの課題を抱えている企業。


IT資産管理サービス DREAMS  2016/10/01


ディーアールエス

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 ソフトウェアデータ突合調査 30万円〜/回資産管理ツール運用支援 100円〜/1台月額DREAMS基本サービス 個別見積り※参考価格。税別

カテゴリ  IT資産管理 | 運用系業務アウトソーシング | その他運用管理関連

製品概要  IT資産管理に関するコンサルティング・資産の利用状況調査・管理ツールの提供と運用のアウトソーシングなど。PCレンタルを組み合わせた、トータルアウトソーシング。

オススメユーザー  情報セキュリティやソフトウェアライセンス管理に不安を感じている企業。IT資産管理のアウトソーシングに興味のある企業。


メインフレームマイグレーションサービス  2017/03/01


NDIソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 移行元のシステムにより数千万円から数億円まで

カテゴリ  その他開発関連 | オープンソース | システムコンサルティング

製品概要  既存の業務プログラムを低コスト運用が可能なIBM i 環境に移行するサービス。現有プログラム資産の有効活用を支援しつつ、レガシーシステムへ先進の機能を付加できる。

オススメユーザー  汎用機メーカーのサポート終了に合わせて移行対応が必要な企業。運用コストの低減や既存システムの機能拡張を実現したい企業。


「資産の」に関する特集



社内のストレージやネットワークに負荷をかけ、業務効率を下げるIT資産の個人利用。セキュリティ上も、放置はできません!


カテゴリ   |




スマホやタブレットなどスマートデバイスの業務利用の拡大、ユーザーのワークスタイルの多様化により、管理端末の範囲はますます広がっています。そこでIT資産の管理術を一挙公開!登録から活用まで…必見です。


カテゴリ  IT資産管理 |




 前回までの説明で、情報資産の重要度の識別と、重要な情報資産の所在の管理、特に不正競争防止法に基づく営業秘密の管理の重要性は理解いただけたと思う。 今回は、その「重要度の識別」およびその「所在の管理」に関して、前者については筆者が実際に企業から聞いた現状を、後者についてはISMS/ISO27001を実際に取得している、もしくは取得検討中である企業の声を例にとり、企業としてどう対策をとるべきかについて説明したい。


カテゴリ  文書管理 |


「資産の」に関するニュース



 インフォアジャパンは、設備資産管理ソリューションのクラウド版「Infor EAM Cloud」の提供を開始した。Infor EAM Cloudは、柔軟な設備資産マスタ管理や予算、検知、購買、作業オーダー、予防保全といった、企業が保有する設備資産の管理に関わる機能を利用できる。さまざまな業界に特化した機能も備え、ビジネスフ…


カテゴリ  その他基幹系システム関連 |




 NECは、金融機関を対象に、預かり資産である投資信託や保険、公共債、外貨の販売業務向けのパッケージソフト「預かり資産販売支援システム」の出荷を2017年4月に開始する。価格は1500万円〜(税別、システム構築サービス費別)。コンプライアンス強化や事務効率化、提案力強化を支援する。本システムでは、顧客へ…


カテゴリ  特定業種向けシステム |




 ネオスは、リグアと共同で、クラウド型の資産管理サービス「未来会計bild」の第1弾として、整骨院オーナー向けにリリースした。法人とオーナー個人の資産を一元管理し、現状の会計数値から未来の資産シミュレーションまでを可能にする。本サービスでは、会社の予算と実績を可視化し分析することで、最適な目標と運…


カテゴリ  会計システム | ERP



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「資産の使い道」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ