「資産 運用 ソフト」から探す!IT製品・セミナー情報

「資産 運用 ソフト」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「資産 運用 ソフト」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「資産 運用 ソフト」に関するIT製品情報

IT資産統合管理 コア ITAMソリューション  2016/12/01


ギガ+他

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 100ライセンス:30万円(税別、保守費、作業費別)〜※詳細は要問い合わせ

カテゴリ  IT資産管理 | サーバー管理 | ネットワーク管理 | 統合運用管理

製品概要  導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。

オススメユーザー  IT資産管理とその他資産を一元的に管理したい現物管理を実施したい(データセンター機器等)ソフトウェア資産管理を実施したい


IT資産管理サービス DREAMS  2016/10/01


ディーアールエス

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 ソフトウェアデータ突合調査 30万円〜/回資産管理ツール運用支援 100円〜/1台月額DREAMS基本サービス 個別見積り※参考価格。税別

カテゴリ  IT資産管理 | 運用系業務アウトソーシング | その他運用管理関連

製品概要  IT資産管理に関するコンサルティング・資産の利用状況調査・管理ツールの提供と運用のアウトソーシングなど。PCレンタルを組み合わせた、トータルアウトソーシング。

オススメユーザー  情報セキュリティやソフトウェアライセンス管理に不安を感じている企業。IT資産管理のアウトソーシングに興味のある企業。


クラウド型社内資産管理ソフト Assetment Neo  2016/11/15


アセットメント

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額6万円〜(税別)※ 利用ユーザ数無制限※ 資産数やオプションにより価格変動、詳細はお問い合わせ下さい。

カテゴリ  IT資産管理 | その他運用管理関連

製品概要  クラウド型の社内資産管理ソフト。社内の資産管理台帳を一元化して、常時正確な管理状態を維持。他社のIT資産管理ソフトと連携し、所在不明な機器を把握する。

オススメユーザー  バーコードやRFIDを使ってIT機器の現物管理をしたい企業。ラック図や保守契約などのIT機器の付帯情報も一元管理したい企業。


非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」  2016/04/01


ニッポンダイナミックシステムズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 管理台数に応じた価格設定:32万円〜(税別)[参考]500ライセンス:150万円(税別)※初年度保守費無償

カテゴリ  IT資産管理 |

製品概要  エージェントレスでインベントリ収集。ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。

オススメユーザー  端末にエージェントを導入したくない企業低コストで使い勝手のよいツールをお探しの企業既存ツールのIT資産管理に課題を持つ企業


情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5  2016/08/01


インターコム

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 参考価格 : 税別 100万円(100クライアント)

カテゴリ  IT資産管理 | メールセキュリティ | 統合ログ管理

製品概要  情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。

オススメユーザー  情報漏洩対策とIT資産管理・SAMに関して、社内のWindowsとMacの両端末を総合的に管理したい企業。


「資産 運用 ソフト」に関するセミナー情報

IT資産管理ツール比較セミナー

ソフトクリエイト


開催日

 12月15日(木)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  IT資産管理 | その他PCソフト関連 | 検疫

概要  情報セキュリティ対策をIT資産の管理からはじめる企業が増えています。しかし、導入する上でメーカーや製品の選択で悩まれている企業のご担当者様が多くいらっしゃいます…

オススメユーザー  経営者CIO|システムの設計・運用|情報システム部の統括


データ消去ソフト ディスクシュレッダー5 製品紹介セミナー

パーソナルメディア


開催日

 11月30日(水),12月7日(水),12月21日(水),1月11日(水),1月25日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他物理セキュリティ関連 | その他PCソフト関連 | IT資産管理

概要  データ消去ソフト「ディスクシュレッダー5」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたします…

オススメユーザー  情報システム部の統括|経営者CIO|システムの設計・運用


データ消去ソフト USBディスクシュレッダー 製品紹介セミナー

パーソナルメディア


開催日

 11月30日(水),12月7日(水),12月21日(水),1月11日(水),1月25日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  その他物理セキュリティ関連 | その他PCソフト関連 | IT資産管理

概要  データ消去ソフト「USBディスクシュレッダー」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたし…

オススメユーザー  情報システム部の統括|経営者CIO|システムの設計・運用


データ消去ソフト サーバーディスクシュレッダー 製品セミナー

パーソナルメディア


開催日

 12月7日(水),12月21日(水),1月11日(水),1月25日(水)

開催地 東京都   参加費 無料


カテゴリ  PCサーバ | その他物理セキュリティ関連 | IT資産管理

概要  データ消去ソフト「サーバーディスクシュレッダー」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいた…

オススメユーザー  情報システム部の統括|経営者CIO|システムの設計・運用


「資産 運用 ソフト」に関する特集



 サイバースパイ行為の脅威は、昨今の報道から誰もが知るところだ。この脅威に対し、今組織として何を実施しなければならないのか整理しておく必要がある。前回までは、サイバースパイ行為の巧妙化と課題について述べた。少々乱暴だが、新たにセキュリティ対策機器を導入するだけでは防御は難しいと言わざるを得ない。そのため、現在のセキュリティ対策には、セキュリティに関する運用面でのフォローが重要となる。 セキュリティ運用といっても、セキュリティ機器の運用、パッチマネジメント、ウイルス対策ソフトウェアの定期スキャンなど様々である。多くのセキュリティ運用は、事案が発生していないことを前提とした事前対策に対するものだ。サイバースパイ行為は、これらの事前対策だけでは防御が難しい。そのため、既に被害を受けていることを前提にした対策が必要となる。 事後対策にはいくつかの方法が考えられる。例えば、「被害の早期発見」や「被害の軽減」などが一般的だ。前者は「サーバや通信のログ分析」、「IPS/IDS、振る舞い検知型のセキュリティ製品」などがある。また、後者は「暗号化」や「ファイルのアップロード制限」などがある。いずれも、一定の効果は見込めるが、被害を早期に発見するためにもログ分析は確実に実施しておきたい。また、被害の軽減に関しては、新たな技術も登場しており、資産の重要度と合わせて検討していきたい。


カテゴリ  データ分析ソリューション |




 前回はオフライン端末のセキュリティ対策ソリューション、「Trend Micro Portable Security(以下、TMPS)」の概要について解説した。連載の最後となる今回は、具体的な利用ケース・利用方法について紹介した上で、トータルセキュリティの実現に必要な対策について解説したい。 TMPSの具体的な利用ケースとしては、例えば、メーカーの製造工程における出荷前検査のひとつとして活用できる。TMPSで定期的に製造現場の専用端末のウイルスチェックを実施することにより、製品へのウイルス混入の可能性を最小限にし、安心して安全な製品を出荷することができる。加えて、ログ管理機能により、出荷前のウイルス検査を実施したエビデンスもセキュリティ監査等で利用可能である。また、メーカー等による専用端末出荷後の保守、メンテナンスにも威力を発揮する。USB型検索ツールは可搬性にも優れているため、保守サービスマンがTMPSを携帯して運用することで、製品導入先企業に出向いて、手軽に、定期的なウイルス検査を実施するサービスを提供することも可能で、万が一製品導入先の専用端末等においてウイルス感染が発見されても、その場で駆除、隔離処理が可能である。さらに、メーカーの製造、保守現場だけでなく、多くの企業や官公庁、学校などに存在する、インターネット空間とは完全に隔離された一部のオフライン端末やクローズドネットワーク向けのセキュリティ対策ツールとしても非常に有効である。このような端末に対しても、TMPSによる定期的なウイルスチェックを行うことで、USBワームなどの脅威から情報資産を守ることができるだろう。これら以外にも、インターネットにつなげているコンピュータでも、ウイルス対策ソフトによるセキュリティ対策よりも端末自身のパフォーマンスを優先させたいユーザが、不正プログラム感染のリスクを低減させるツールとして活用できるかもしれない。 次に、基本的な利用方法を紹介しよう(図1)。TMPSをインターネット環境にある管理用コンピュータにつなげ、管理プログラムをインストールする。すると、管理プログラムはインターネットを通じてActive Update Serverと通信し、最新のパターンファイルや検索エンジンを取得する。そして、USB型検索ツールのパターンファイルと検索エンジンをその時点で最新のものにアップデートする。その後USB型検索ツールを、ウイルスチェックを実施したいオフライン端…


カテゴリ  アンチウイルス |


「資産 運用 ソフト」に関するニュース



 Sky株式会社は、マイナンバーを含めた重要データの漏洩リスクの軽減を支援する各種機能を備えた、企業/団体向けクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View Ver.11.2」を発売した。今回の「Ver.11.2」では、指定したIPアドレスやアクセスポイントの範囲外で、個人情報を取り扱うDBなど特定のアプリケ…


カテゴリ  DLP | IT資産管理




 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、オンプレミス環境にあるアプリケーションやデータなどの既存資産とIBMクラウドの円滑な連携や、APIの公開によるクラウド・サービスの開発を支援するため、「IBM Connect」シリーズの一部の無償提供を開始した。無償提供の対象となる製品は、API管理/運用ソフトウェ…


カテゴリ  EAI | Webアプリケーションサーバ



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「資産 運用 ソフト」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ