「資料 電子管理 ソフト 値段」から探す!IT製品・セミナー情報

「資料 電子管理 ソフト 値段」 に近い情報
「資料 ソフト」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「資料 電子管理 ソフト 値段」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「資料 ソフト」に関するIT製品情報

MeetingPerfeシリーズ  2013/07/15


NTTアドバンステクノロジ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 MeetingPerfe III同時接続20クライアント / 105万円〜(税抜:100万円)〜

カテゴリ  テレビ会議/ビデオ会議 | ファイル共有 | ナレッジマネジメント | 文書管理

製品概要  紙資料を使用するのと変わらない操作性を持つ会議支援システム。発表者の操作に同期して資料画面を高速連動。充実した会議を実現するだけでなくコスト削減や環境にも貢献。

オススメユーザー  紙資料のペーパーレス化により会議の進行をスムーズにし、コスト削減と環境へ貢献したい企業。


ペーパーレス会議システム 「V-CUBE ドキュメント」  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 初期費用:4万5000円月額費用:3万円※同時接続は20デバイスまで※税別

カテゴリ  その他情報共有システム関連 | タブレット | ファイル共有 | Web会議 | 文書管理

製品概要  iPad、Androidタブレット、PCからも利用が可能なマルチデバイス対応のペーパーレス会議システム。同じ資料を見ながら、その資料に書き込みやマーキングが可能。

オススメユーザー  会議資料の印刷にかかるコストを削減したい企業。会議前後の作業負担を軽減したい事務局担当者。


iPad用ペーパーレス会議システム 「ZERO COPY Meeting」  2017/10/01


ソフトバンク コマース&サービス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ■プラン2 (最大主催者数が2名、最大ゲスト数が50名まで)月額費用:1万円 ※税別

カテゴリ  その他情報共有システム関連 | タブレット | その他スマートデバイス関連 | ファイル共有 | Web会議

製品概要  会議資料の配布・回収が自由自在で、紙資料の良さを十分に生かしたペーパーレス会議システム。資料の配布状態をコントロールできるため、外部流出のリスクも大幅に軽減。

オススメユーザー  ペーパーレス会議を実現し、会議にかかるコストや事務局の負担を軽減したい企業。


活文 Team Idea Sharing  2014/12/15


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  ファイル共有 | タブレット

製品概要  資料へ手書きで記入、リアルタイムな共有を行えるコラボレーションソフトウェア。システム構築やクラウド利用は不要、タブレットPCにインストールするだけで利用可能。

オススメユーザー  資料や手書き情報をリアルタイムで共有したい企業。遠隔地との打ち合わせやレビューを効率的に行いたい企業。


ペーパーレス役員会議システム ConforMeeting/e  2017/04/15


NEC

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 標準ライセンス 350万円〜 (10ユーザ同時接続)iPad限定ライセンス 180万円〜 (10ユーザ同時接続)※価格はすべて税別

カテゴリ  その他情報システム関連 | ファイル共有 | Web会議 | テレビ会議/ビデオ会議 | 電話会議

製品概要  役員会議など秘匿性の高い会議資料をペーパーレス化し会議の効率化及び質の向上を実現。Windows、Android、iOSのマルチOSに対応し資料閲覧や手書きメモを画面上で行える。

オススメユーザー  ペーパーレス化で会議を効率化したい企業。資料流出を防ぎ、セキュアに会議を運用したい企業。会議運用のTCOを削減したい企業。


「資料 ソフト」に関する特集



あのファイル、どこいったっけ……? あの人が探すとすぐに出てくるのに、どうして私が探すと見つからないのか。社内文書探索のノウハウ格差が、そのまま技能継承の断絶にならないように、道具が進化したようです。


カテゴリ  文書管理 | ファイル共有 | ナレッジマネジメント | データ検索ソフト | その他情報共有システム関連




 モバイル、クラウド、IoTは、私たちのライフスタイルや働き方を大きく変えた。今やスマートフォンを片手に業務メールやスケジュールをチェックし、顧客先ではクラウドにアップロードされたプレゼン動画や資料をベースに商談できるのは当たり前になった。IoTの分野では、例えば建設機械にセンサーを搭載、稼働情報をモニタリングして品質管理やサポートなどを提供する、外出先からスマホでエアコンやロボットクリーナーを操作するなど、次々と活用事例が誕生している。 だが、これらは作業の効率化や生産性の向上、情報共有のスピードアップなど、既存の仕組みやビジネスモデルを「アップグレード」したにとどまる。だが、IBMやGoogleなど大手IT企業が巨額を投じて研究開発を進める「人工知能」は違う。まさに革新的な技術であり、5年後に企業/個人が生き残れるかどうかを左右する重大なキーワードである。 2020年を見据えたとき、人工知能機能を実装したソフトウェアは主流となる。マジックソフトウェア・ジャパン株式会社主催のイベント「Magic World 2015」の特別講演に登壇した船井総合研究所、シニア経営コンサルタントの斉藤芳宜氏はこう述べた。


カテゴリ   |


「資料 ソフト」に関するニュース



 日本デジタルオフィスは、資料閲覧・作成アプリ「do!bookII」無償版の提供を8月10日に開始した。今回提供する無償版の主な機能は3つ。1つ目は資料をクラウドへ自動登録する機能だ。ボタン操作をすることで、PCのフォルダに登録されているファイル(Microsoft Office文書、PDF、写真など)を、フォルダごとにまと…


カテゴリ  その他PCソフト関連 | その他スマートデバイス関連 | その他情報共有システム関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「資料 電子管理 ソフト 値段」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ