「財務大将 ユーザー 評価 2016」から探す!IT製品・セミナー情報

「財務大将 ユーザー 評価 2016」 に近い情報
「ユーザー 2016」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「財務大将 ユーザー 評価 2016」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「ユーザー 2016」に関する特集



電力の小売り自由化を機に、さまざまな企業が独自サービスを開発、顧客囲い込みをねらっている。その中の1社であるKDDIは、移動体通信サービスauのユーザー基盤を生かし、「auでんき」サービスを提供している。このサービスのバックエンドに選んだのがAmazon Web Services(AWS)だったという。


カテゴリ  IaaS/PaaS | システムインテグレーション | EC




  2017年2月2日、LINEはビジネスコミュニケーションツール市場に参入することを明らかにした。同社は2016年10月にLINEの兄弟会社であるワークスモバイルジャパンと事業提携しており、今回の発表はそのワークスモバイルジャパンがビジネス向けコミュニケーションツールとして従来提供していた「Works Mobile」のブランドを改め、「LINE WORKS」として、従来の企業向けサービスはそのままに、個人向けサービスであるLINEのユーザーアカウントとつながることができるサービスを提供するというものだ。コンシューマー市場で圧倒的なシェアを誇る「LINE」とつながる唯一のビジネスコミュニケーションツールとして、LINE WORKSは新しい一歩を踏み出した。


カテゴリ  グループウェア | ファイル共有 | 社内SNS




 シスコシステムズは2016年4月6日、中小企業向け製品ラインアップ「Cisco Start」シリーズの第2弾として、クラウドを活用したセキュリティサービスなどを追加した。同日から導入キャンペーンを開始、日本各地の販売パートナーと顧客をオンラインでマッチングするマーケットプレースも開設する。 Cisco Startは、2015年にシスコが日本市場向けに打ち出した従業員数25人から100人程度の中小企業向けに中小企業向け製品ラインアップ。ルーター、スイッチ、ファイアウオール、ワイヤレス機器などがあり、ダッシュボードやGUI管理画面から簡単に扱える点が特徴だ(「100人以下の中小企業、シスコの新ブランド「Cisco Start」の狙い」参照)。 シスコシステムズ 専務執行役員 パートナー事業統括 高橋慎介氏は「シスコ製品は大企業のもの、技術資格保有者がメンテナンスするものという従来のイメージを払拭する、低価格でエンドユーザーが使いやすいインターフェースを備えた」と製品の特徴をあらためて説明した。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | 無線LAN | ルーター | LAN構築 | ネットワークスイッチ


「ユーザー 2016」に関するニュース



 NSDビジネスイノベーション(NBI)は、大容量ファイル転送システム「eTransporter」にファイル無害化機能を追加し、自治体情報システム強靭性向上モデルに対応したパッケージの出荷を2016年内(予定)に開始する。価格は100万円〜/1サーバで、ユーザーライセンスは不要。ファイル無害化機能では、異なるネットワー…


カテゴリ  アンチウイルス | ファイル転送



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「財務大将 ユーザー 評価 2016」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ