「論理ネットワーク」から探す!IT製品・セミナー情報

「論理ネットワーク」 に近い情報
「論理」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「論理ネットワーク」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「論理」に関する特集



日立製作所では独自のサーバ論理分割機能をWindows Server 2012 Hyper-Vと組み合わせることで、効率的な仮想環境・クラウド環境構築を実現するソリューションを開発中だ。その仕組みや具体的な導入メリットとは?


カテゴリ  Windows | サーバー仮想化




売上拡大には営業戦略が不可欠。しかし市場の動きの「仮説」に留まり、机上の空論、理想論に終始していないかを検証したいところ。そこで、戦略が正しいのかどうかを検討し、戦略立案に活かす仕組みをご紹介します!


カテゴリ   |




 前回は、3つの経営層への説得シナリオの1つとして「リスク対応」についてお話しした。今回は、説得シナリオの最後となる「費用対効果」について説明したい。 リスク分析の王道として、ある資産が、何らかの問題(脆弱性)により、企業に影響(リスク)を与えた場合をシュミレーションして被害金額を算出する。弊社でも、過去に何度か試みたが、かなりの時間とコストを要し、発生頻度など、なかなか論理的に説明することは難しかったと振り返る。よって経営層への説得シナリオとしては、まずは王道である手法はとらず、「今までやっていなかったこと、つまり前回で述べたリスクを低減するのだから、当然、費用は発生する。」という論調にするほうが、理解を得やすいのではないかと感じている。 ただIAMを導入することことで、コスト削減が期待できる業務が存在することを訴えるべきだと考えている。具体的には以下のような業務をシステム化することで、コスト削減が可能であると説明し理解を得た。


カテゴリ  ID管理 |


「論理」に関するニュース



 ティントリジャパンは、ハイブリッドストレージ「Tintri VMstore T800ハイブリッド」シリーズのハイエンドモデルに、より高速なCPUを搭載し、SSDに3次元NAND型フラッシュを採用することで、性能と論理実効容量を向上させた「Tintri VMstore T885」の出荷を開始した。Tintri VMstore T885は、高速なフラッシュドラ…


カテゴリ  NAS |




 株式会社シミュラティオは、利用者の検索や問い合わせなど自然言語に対し、文章の深い意味に基づいて推論/計算し、正確な情報を利用者にフィードバックできる人工知能システム「LAND(Logic and Arithmetic Network Database)」の提供を開始した。「LAND」では、自然言語による文章中の論理的な意味や数式、プロ…


カテゴリ  その他データ分析関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「論理ネットワーク」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ