「請求書 電子化 ソフト」から探す!IT製品・セミナー情報

「請求書 電子化 ソフト」 に近い情報
「請求書 電子化」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「請求書 電子化 ソフト」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「請求書 電子化」に関するIT製品情報

@Tovas  2016/08/28


コクヨ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期導入費 20万円〜月額(API使用料) 3万円〜月額(1送信アカウント) 3000円〜※税別

カテゴリ  電子帳票システム |

製品概要  帳票データのFAX、ファイル送信を行うクラウドサービス。上位システムと柔軟に連携し、自動送信機能をシンプルに構築。帳票関連業務の効率化をトータルでサポートする。

オススメユーザー  FAXサーバのクラウド化、郵送の電子化により、請求書や注文書などの帳票配信にかかる手間とコストを削減したい企業。


「請求書 電子化」に関する特集



電子帳簿保存法の改正で、税務関係書類のスキャナ保存の規制が緩和された。現場のスキャニング作業はどれだけ簡単になるのだろうか?また、2016年にはスマホによる電子化も解禁されそうだという。最新動向を追った。


カテゴリ  文書管理 |




 「e-文書法」をご存じだろうか。これはビジネスを行う上で必要な書類を電子化し、保存するための要件をまとめたもので、会計帳簿だけでなく契約書、請求書、領収書などの電子保存が可能となるものだ。2005年に施行されたe-文書法、その要件には「スキャナが必要」「領収書は3万円以内」「改ざん防止の電子署名、タイムスタンプが必要」などの制約も多く、これまでわずか133企業のみでしか利用されていなかったという。 その会計業務における電子保存にいま、にわかに注目が集まっている。2016年1月に「スキャナ保存制度」の要件が緩和され、より簡易な方法でも電子保存が利用できるようになったのだ。


カテゴリ  文書管理 | 複合機 | その他オフィス機器関連


「請求書 電子化」に関するニュース



 インフォマートは、企業間での請求書の受取・発行を電子化するクラウドサービス「BtoBプラットフォーム 請求書」で、取引先へ請求書の発行とともに電子化の案内ができる「請求書完全支援化パック」の本格的な提供を開始した。BtoBプラットフォーム 請求書は、請求書の発行側と受取側が同じプラットフォームを利用…


カテゴリ  電子帳票システム | 会計システム




 エプソンは、経理業務で用いる証憑を電子化する「Weplat スキャンサービス」に自動仕訳機能を搭載し、11月7日に提供を開始する。本サービスは、今回の新機能を含め業務を効率化する4つの機能を提供する。領収書や請求書、通帳コピーなどの証憑、納品書や車検証、保険証書などの確認書類は、定額制のプリントサー…


カテゴリ  会計システム | 帳票管理システム



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「請求書 電子化 ソフト」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ