「誰にでも対応可能な管理」から探す!IT製品・セミナー情報

「誰にでも対応可能な管理」 に近い情報
「誰に」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「誰にでも対応可能な管理」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「誰に」に関するIT製品情報

統合CRMプラットフォーム CRMstage  2014/09/30


アドバンリンク

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 【ホスティングサービス】15万7000円から(税別、月額)※ユーザ、データ量無制限。サポート含む。

カテゴリ  CRM | データベースソフト | SFA | ナレッジマネジメント | データ検索ソフト | データ分析ソリューション

製品概要  「誰にどのタイミングで施策実行すればよいか」を見極め連携させるための、DWH/CRM分析/Web-API一体型顧客データ活用システム。マーケティング現場の負荷軽減。

オススメユーザー  あらゆる顧客行動履歴データを掛け合わせ、簡単に顧客動向を把握しCRM活動に直結させたい企業。低コストのCRMをお探しの企業。


「誰に」に関する特集



不慮の事故で突然死んでしまった時に、PC内の誰にも見られたくないファイルを自動で削除してくれる!そんなツールを紹介します。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |




 前回は「SHA-1」廃止問題とは何なのか?誰にとってどのような問題が起こるのか?について解説しました。今回は、主に“サーバー運用者”の方に向けて、「SHA-1」廃止で起こりうる問題と対策法を紹介します。


カテゴリ  認証 |




 FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアをプライベートだけでなくビジネスでも使う人が増えてきた。読者の中にも複数のオンラインサービスを使っていて、どのサービスにおいても“探されてしまう”、“必要以上に個人情報が知られてしまう”という体験をされた方も多いのではないだろうか?特に最近は“既存のサービス(例えばFacebookなど)のアイデンティティ情報を利用して他のサービスを利用する”という形態も多く見受けられるため、この流れは加速しているとも考えられる。 もちろん後ろ暗さや隠し立てするところはまったくない、誰に何を知られても大丈夫!という方は問題ないのだろう。しかし、少なくとも仕事とプライベートの間に、一定の線を引きたいと思う人が大多数だと思う。少なくとも筆者はそうである。


カテゴリ  ID管理 |


その他キーワード

製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「誰にでも対応可能な管理」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ