「誤送信 対策 デメリット」から探す!IT製品・セミナー情報

「誤送信 対策 デメリット」 に近い情報
「誤送信 対策」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「誤送信 対策 デメリット」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「誤送信 対策」に関するIT製品情報

メール誤送信対策ソフトウェア WISE Alert  2018/09/15


エアー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 5〜50ユーザーライセンス単価例(税別)エンタープライズ版 :1560円スタンダード版 :1400円

カテゴリ  メールセキュリティ |

製品概要  社外宛メールや添付ファイルの送信時などに警告を表示し、添付ファイルの自動暗号化にも対応した、ユーザー自身でメール誤送信対策を実施できるツール。

オススメユーザー  業務効率を落とすことなくメール誤送信対策を講じたい企業。Office 365への移行に伴い、Outlookの誤送信対策が必要な企業。


メール誤送信防止ソリューション「Active! gate」  2018/06/15


クオリティア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 企業向け50ユーザー:27万円〜文教向け50ユーザー:18万円〜※全て税別

カテゴリ  メールセキュリティ |

製品概要  上司承認(オプション)を含む7つのアプローチを1つの製品で実現するメール誤送信対策ソフトウェア。アプライアンス版も提供。ユーザーがポリシー設定でき運用負荷も軽減。

オススメユーザー  ◎豊富な機能・設定を備えたメール誤送信対策ツールを探している企業◎誤送信対策の運用がうまくいかないとお悩みの企業


スパム/ウイルスメール/メール誤送信対策 Terrace Spam Watcher  2013/02/28


ダウジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 ■アプライアンス版 通常:120万円〜(税別)※ソフトウェア版・仮想アプライアンス版(VM版)もあり:オープン価格

カテゴリ  メールセキュリティ | フィルタリング | アンチウイルス

製品概要  スパム対策/誤送信防止対策/フィルタリングなど、メールセキュリティに必要な機能を1台で実現する統合型メールセキュリティ・アプライアンス

オススメユーザー  ●既存のスパム対策製品の機能・コストが不満の企業●メール誤送信対策を行いたい企業●セキュリティレベルを向上させたい企業


誤送信防止ソリューション「MAILSCREEN」  2018/04/24


トライポッドワークス

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  メールセキュリティ | メールアーカイブ | 暗号化 | アンチウイルス

製品概要  送信メールによる情報漏えいを防ぐ様々な機能を装備。誤送信対策から添付ファイルのセキュリティ、Gmail対応など多彩な機能を備えたメールセキュリティソリューション。

オススメユーザー  電子メールの誤送信対策を安価に実施したい企業やアーカイブを実施したい企業。


クラウド型メール誤送信対策サービス 「Active! gate SS」  2018/04/15


クオリティア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 <ファイル変換専用プラン>初期費用:5万円、月額費用:150円(1メールアドレス当たり)※全て税別

カテゴリ  メールセキュリティ | その他メール関連

製品概要  クラウド型メール誤送信対策サービス◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現◎短期間で簡単に導入可能◎サーバ構成に依存せず、G Suite、Office 365にも対応

オススメユーザー  ◎メール誤送信対策を行いたいが、どこから始めれば良いか悩んでいる企業◎G Suite、Office 365のセキュリティ強化を行いたい企業


「誤送信 対策」に関する特集



 前回は、メール誤送信の典型的な例と、なぜ発生するのかについて掘り下げた。今回は、既にメール誤送信対策をとっている企業における実際の対策例と、運用開始後に気付いた“落とし穴”について説明する。


カテゴリ  メールセキュリティ |




前回の第3回は、メール誤送信の歴史と関連する法令についてお話しました。今回はメール誤送信対策のステップと注意すべきポイントについてお話します。


カテゴリ  メールセキュリティ |




 前回の第1回は、今年に入ってから報道されたメール誤送信による個人情報漏洩インシデントと、私自身が経験したメール誤送信の実例を共有しました。今回はメール誤送信の定義と種類、対策の目的をお話しします。


カテゴリ  メールセキュリティ |


「誤送信 対策」に関するニュース



 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、メール誤送信防止製品「SHieldMailChecker 誤送信防止」の機能を強化し、5月8日に発売した。一般的なSMTP接続のメール環境向けに、同姓の宛先への誤送信や、添付ファイルの暗号化忘れへの対策を強化した。本製品では、メール送信時に宛先や添付ファイルの再確認を促すこと…


カテゴリ  メールセキュリティ | 暗号化




 丸紅ITソリューションズは6月20日、メール誤送信対策ソフト「誤送信バスター」にビジネスメール詐欺(BEC)対策機能を追加した新版(ver4.0)の提供を開始する。本ソフトは、Microsoftのメールソフト「Outlook」上で動作し、メールの誤送信を未然に防ぐ機能を提供する。メール送信一時保留、宛先目視チェック支援…


カテゴリ  メールセキュリティ |




 イノベーション・ファームは4月、メールの誤送信による情報漏えいへの対策を兼ねた情報伝達ソリューション「Secure Porter」の提供を開始する。国内外の相手先へ安全に情報を送信でき、VPN接続や暗号化が禁止されている国に対してデータを安全かつ確実に伝送できる。本ソリューションでは、日本マイクロソフトの…


カテゴリ  メールセキュリティ | ファイル転送



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「誤送信 対策 デメリット」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ