「設計開発 激務」から探す!IT製品・セミナー情報

「設計開発 激務」 に近い情報
「設計開発」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「設計開発 激務」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大にともない、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレータが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアにかかるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守にかかるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「設計開発」に関するIT製品情報

dynaTrace  2013/07/15


日本コンピュウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  開発環境/BaaS | ネットワーク管理 | パフォーマンス診断 | 開発ツール | テストツール | システムコンサルティング

製品概要  Java、.NET、PHP環境において、全ユーザの全トランザクションをあらゆる階層で監視・測定し、パフォーマンス問題が発生した時も根本原因をピンポイントで特定可能。

オススメユーザー  Java、.NET、PHP アプリケーションの設計、開発、テストにおける工数を減らしたい企業、本番システムのMTTRを短縮したい企業。


Create!Form  2018/03/15


インフォテック

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 帳票設計開発ツール 1ライセンス20万円(税別)ランタイム製品 1ライセンス30万円〜(税別)

カテゴリ  電子帳票システム | 帳票管理システム | PDFソフト

製品概要  簡単な作業ステップで作成できる帳票設計・出力支援ソフトウェア。グラフやバーコードなど多様な表現が可能。PDF・HTML・Excel・プリンタ印刷で高速な出力を実現。

オススメユーザー  膨大な量の帳票出力作業を高速化させたい企業。グラフやバーコードなどを含む帳票の作成・出力を効率化したい企業。


「設計開発」に関する特集



 前回は、調達の業者選定段階におけるセキュリティ取り組みを概説し、その意義、留意事項等に触れた。 今回は、設計・開発段階におけるセキュリティの取り組みについて述べたい。


カテゴリ  その他開発関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連




電子基板の設計・開発やソフトウェア開発などを手掛ける日本サーキットでは、「サイボウズ デヂエ 8」の連携機能を活用し、案件の発生から作業工数までを管理。入力ミスや確認漏れの減少につなげている。


カテゴリ  データベースソフト |




 はじめまして。あしたのチーム CTO(最高技術責任者)の林田幸一と申します。 あしたのチームは中小ベンチャー企業向けに人事評価制度を提供する企業です。経営にも大きくかかわる「人事評価制度」を、構築だけでなく運用も丸ごと、ワンストップでサービス提供しています。 このサービスの中でポイントとなるのが、人事評価制度を「クラウドで運用する」というところ。そのクラウドを作っているのが、私が統括しているクラウド事業部です。 筆者は2017年より、あしたのチームCTOとして「コンピテンシークラウド」を中心としたクラウドサービスの事業の推進・構築を行うべく、クラウド事業部を立ち上げました。 現在は、エンジニア、デザイナー、マーケターを含む「クリエイティブ事業本部」として組織を率いて、急速に進化しているあしたのチームの全体的なサービスのIT化を進めているところです。  筆者自身は、大学卒業後にシステムエンジニアおよびITコンサルタントとして経験を積んだのち、医療系ベンチャー企業の創業メンバー(取締役CTO)として、患者向けソーシャルネットワークや、製薬・調剤薬局向けグループウェアなどを企画、開発していました。資金集めから事業開発、システム構築までを担う経験をしています。この後、プログラミング言語「Ruby」を使ったWeb開発の専門会社を立ち上げ、同社を6期目に上場企業へ売却、その後、あしたのチームにCTOとして参画しました。  この経験を通じて感じているのは、この数年で企業のITシステムそのものが大きく変わってきたことです。従来は実験的に扱われてきたような開発手法やプロジェクト管理手法が、事業推進のドライバーとして注目され、積極的に取り入れて成果に結び付けようと考える企業が増えています。 例えば、ここ5年でWebをベースとしたシステム開発が増え、その開発を支えるための開発環境も変化してきました。キーワードを挙げるだけでも、例えば、「JavaScript」のような動的プログラミング言語や「Ruby on Rails」のようなWebアプリケーション開発フレームワーク、設計開発ではドメイン駆動やアジャイル開発の手法、あるいはテストファーストなどの手法が、大手企業の中にも浸透しています。  これに伴い、組織作りやプロジェクトマネジメントなど、マネジメント方法にも変化が見られます。私たちあしたのチームも、たった2人のチームから現在の規模に…


カテゴリ  その他情報システム関連 | その他情報共有システム関連 | その他WEB構築関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「設計開発 激務」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ