「記憶 ソフト」に近い情報
「記憶」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「記憶」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「記憶」に関する記事情報

ロボットが小脳を持つと何が起こるか~「リアルハプティクス」とIoA(Internet of Actions) : イベントレポートアーカイブ:

今までのロボットに足りなかったものは「小脳」。触覚と操作の記憶を流通させる「動作のインターネット」とは? リアルハプティクスの産業応用がどこまで進んでいるかを取材した。

震災の被害を「迅速に」救う――熊本県の西原村の挑戦、クラウドを本格活用へ : イベントレポートアーカイブ:

記憶も新しい熊本地震……被害も大きかった西原村では、住宅の被害状況をり災証明を用いて申請する手続きに追われていた。そこにまさかのSalesforceが活用された。西原村の挑戦をレポートする。

内部不正を許さない、ログから不正行為を検知する方法 : セキュリティ強化塾:

「内部関係者」による国内最大規模の情報漏えい事件はまだ記憶に新しい。ログ管理で不正行為を検知、予防するにはどうすべきか。

性善説では限界、今こそDLPツール : IT導入完全ガイド:

知財情報が韓国企業に流出し1000億円超の賠償請求訴訟に発展した事件は記憶に新しい。情報流出を防ぐべくデータの中身を判断し保護するDLPツールが今こそ必要だ。

「記憶」に関するIT製品情報

ハイパーコンバージドインフラに「オールフラッシュ」を本気で検討してみる

ヴイエムウェア株式会社

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)導入時に考えるべきことの1つが、ストレージ機能を担う記憶媒体として何を選択するかだ。SSDのみか、HDDとの組み合わせか。

USBメモリの安全な運用環境を実現、利便性を損なわないデバイス制御術

株式会社ディー・オー・エス

USBメモリなどの記憶デバイスの利用には情報漏えいリスクが伴うが、完全に 禁止することが難しいケースも多い。業種の異なる6つの例を基に、業務に支障を 出さずに安全性を高めるデバイス制御の方法を紹介する。

情報漏えいの“内部要因”を排除、記憶デバイスの使用を一括制御する方法とは?

株式会社ディー・オー・エス

情報漏えいの約9割が、デバイスの紛失や誤操作など「内部要因」によるものだ という。これを防ぐには、例えばUSBメモリなどの記憶デバイスの使用そのものを 制限することが必要となる。その最適な方法とは?

「記憶」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。