「行政情報流出防止対策」から探す!IT製品・セミナー情報

「行政情報流出防止対策」 に近い情報
「行政」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「行政情報流出防止対策」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「行政」に関するIT製品情報

クオリサイト沖縄データセンター  2018/04/28


クオリサイトテクノロジーズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 【参考価格】宜野座データセンター 1ラックサービス 月額費用:5万円(100V20A電源込み/税別)※名護データセンターは個別見積

カテゴリ  ハウジング | その他バックアップ関連 | ホスティング | データセンター運用 | その他データセンター関連

製品概要  行政施策を最大限に活用した圧倒的なコストパフォーマンスにて、コロケーション・ハウジングサービスや、監視・運用代行サービスなどを要望に合わせて提案。

オススメユーザー  小規模でのDC利用やシステム運用費の削減を目的としている企業。沖縄にDRサイトやバックアップサイトの構築を希望する企業。


「行政」に関する特集



 マイナンバーは、行政機関が個人番号利用事務を行うために使われます。行政機関が個人番号利用事務を行うためには、企業や個人から提出される帳票に個人番号が記載されていなければなりません。つまり企業の役割は、行政機関が求める帳票にマイナンバーを書き込んで、行政機関に提出する事務を行うことにあります。企業が行うマイナンバーに関連して行う事務のことを「個人番号関係事務」と呼びます。企業が個人番号関係事務を行うためには、従業員や社外の支払先の個人からあらかじめマイナンバーを集めておかなければなりません。具体例を示すとイメージが湧くかもしれませんね。


カテゴリ   |




 マイナンバーの「利用」と聞くと、何か便利なことでもありそうな気がしてきますが、残念ながらそれは単に気のせいです。マイナンバーは行政機関が名寄せに使うためのものです。マイナンバーの利用とは、行政機関が名寄せできるように、行政機関が定める帳票にマイナンバーを記入して、行政機関に届け出る業務プロセスを指すに過ぎません。 マイナンバーの利用が許されるのは社会保障と税に関する業務だけですから、ここでいう行政機関とは厚生労働省と国税庁ということになります。広報資料「マイナンバー 社会保障・税番号制度 民間事業者の対応(平成27年5月版)」を見てみましょう。10〜15ページには国税関係の情報が、16〜22ページには厚生労働省関係の情報が掲載されています。ここにマイナンバーに関係する帳票が列記されています。


カテゴリ   |




 国は、マイナンバー制度という新たな社会基盤を整備することで、3つの成果を生み出そうとしています。名寄せにかかる工数を削減することで「行政を効率化」します。行政の側で名寄せができるのであれば、届出に際してこれまで求められていた添付書類が削減することになり、それは「国民の利便性の向上」につながります。正確な名寄せは、税や社会保障の負担を不当に免れることや不正受給の防止に結びつきます。それは「公平で公正な社会の実現」に役立つでしょう。


カテゴリ   |


「行政」に関するニュース



 野村総合研究所(NRI)は、地方公共団体向けに、マイナンバーを保管・管理するサービス「e-BANGO」と、紙の重要書類を安全に管理するサービス「e-BANGO /image α」を、行政専用のネットワーク「LGWAN(総合行政ネットワーク)」上で提供開始した。価格は月額10万円から(初期設定費などの諸経費は除く)。e-BAN…


カテゴリ  特定業種向けシステム | 文書管理




 システムディは1月9日、地方公会計パッケージソフトの新版「PPP Ver5.0 新統一基準対応版R3 SQL Server対応版」をリリースした。本ソフトは、総務省が公表した地方公会計の「統一的な基準」に準拠。財政シミュレーションや行政評価、資金管理、予算編成、まちづくりなどに向けた機能を備え、公会計データの活用や…


カテゴリ  特定業種向けシステム | 会計システム




 東芝OAコンサルタントは4月18日、IT人材のアセスメントツール「パーソナル・アジェンダ for iCD」を発売する。本製品は、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が推奨する新しいITスキル標準「i コンピテンシ ディクショナリ」(iCD)に対応。企業のITに関わる業務や役割を遂行するための、創造力や実行・実践力、…


カテゴリ  人事管理システム |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「行政情報流出防止対策」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ