「脅威メール隔離レポート」に近い情報
「脅威」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「脅威」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説メールとは?

メールとは、企業内個人が社内/社外とやりとりする電子メールの送受信、保存、セキュリティ対策などを実現するためのITソリューション群のこと。具体的には、インターネットや専用線を介して、個人間あるいは個人対複数人などの間で、テキストデータ/画像データ/音声データなどをやりとりするための「電子メール」、社内外でやりとりされる電子メールを捕捉し、削除や改ざんができない状態でデータを長期保管すると共に必要に応じて検索/復元できる「メールアーカイブ」、企業が定めた情報セキュリティポリシーにのっとり、ポリシーに合致しないメールを事前に遮断できる「メールフィルタリングツール」、メール受信時にウイルスを含む添付ファイルなど有害なコンテンツを特定/除去したり、メールの差出人/内容などの情報を基に脅威となるメールを特定/遮断できる「アンチウイルス/アンチスパムソフト」などが挙げられる。

「脅威」に関する記事情報

進化する脅威にどう立ち向かうか【最終回】 : KeyConductors:

IoTのセキュリティは難しいといわれている。その理由はなぜか。最終回となる今回では、IoTのセキュリティについて考えてみたい。

進化する脅威にどう立ち向かうか【第2回】 : KeyConductors:

慢性的な人材不足に悩まされるSOCはセキュリティアラートやログの調査にへきえきとする。AIを取り入れたセキュリティソリューションはこの状況をどう変えられるか。

進化する脅威にどう立ち向かうか【第1回】 : KeyConductors:

「Mirai」に「WannaCry」など脅威も日々進化しているが、セキュリティ対策も進化をする必要がある。そこで、新連載第1回は、今迫る脅威について簡単に解説したい。

「EDR」導入の前に知っておくべきこと : セキュリティ強化塾:

どうしても対策が後手に回るサイバー攻撃。脅威の浸入や行動を検知して対策につなげる「EDR」が注目を集めている。

BoxとDropboxをリスク視点で比較したら? 画面で分かるCASBの魅力 : IT導入完全ガイド:

利用状況の可視化をはじめ、脅威防御やコンプライアンス、データセキュリティなど、クラウドサービスに特化した機能を提供するCASB。具体的な画面からCASBの機能を詳しく解説する。

深刻化するセキュリティ運用の負荷増、マネージド市場が急成長 : 市場成長予測アーカイブ:

セキュリティ人材が不足する一方で、サイバー攻撃の脅威は増すばかりだ。解決策の1つとして有望視されるセキュリティのアウトソース市場はどうなっていくのか?

「人材不足」は、情報セキュリティの10大脅威か? : セキュリティ強化塾:

「情報セキュリティ10大脅威」の2018年版順位が先行発表された。ランク外から登場した3つの脅威について解説しよう。

アプリが鬼門になる、モバイル管理だけでは止められないマルウェアの撃退法 : IT導入完全ガイド:

企業のモバイルを狙うマルウェアは、安全に見えるアプリに潜んでいる確率が高い。サイバー攻撃のターゲットになり得るモバイルデバイスを保護するには、新たに脅威を検知するという対策が必要だ。

業務効率を落とさない「インターネット分離」の基礎 : IT導入完全ガイド:

標的型攻撃などのサイバー脅威対策として「インターネット分離(アイソレーション)」に注目が集まる。本稿では3つの方式について整理してみよう。

社員のスキルを把握できているか? IT時代に見直したい3つのこと : イベントレポートアーカイブ:

「今後5年間でテクノロジーの進展が仕事に与える変化をどう捉るか?」という質問に、日本人の32%が「脅威」と答えた。技術が発展し、労働をとりまく環境が変化していく中、企業や労働者何をすべきだろうか。

「脅威」に関するIT製品情報

標的型メール対策に不可欠な職員の意識、北里大学はどう意識変革を実現したのか

グローバルセキュリティエキスパート株式会社

標的型メール攻撃は増加・巧妙化しており、たった1年でも、その脅威を一変させている。防御システムの整備だけでは防ぎきれない脅威に対し、組織はどのような策を採るべきなのか。北里大学の取り組みから、対応の秘訣を探る。

すり抜け検知や遠隔監視もオールインワンで、1%の脅威の侵入も見逃さない

株式会社日立システムズ

企業を襲う脅威を100%防御することはもはや難しい。1%の侵入を許せば、それが致命的な被害をもたらすこともある。従来の侵入防御だけでなく、攻撃前後の対応までカバーする全方位的なエンドポイントセキュリティが求められている。

感染端末の見逃しは本当にないのか? 「インシデント終息」を証明する方法

トレンドマイクロ株式会社

不正プログラムの感染によるインシデントを終息させるには、顕在化した端末の特定/対処だけでは不十分だ。ネットワーク内の感染範囲を特定し、潜在的な脅威まで検証する方法として、「EDR」と「監視センサー」の連携術を紹介する。

卸小売業界に急がれる情報漏えい対策とセキュリティ強化

トレンドマイクロ株式会社

セキュリティインシデントの深刻化は、卸小売業界も例外ではない。しかし、最新調査では、POSシステムやECサイトなどを通じてクレジットカード情報を狙う脅威の増加とともに、セキュリティ対策の後れが目立った。

事例に学ぶ個人情報保護の実現方法、特定・ブロック・情報共有で「多層防御」

トレンドマイクロ株式会社

組織にとって、顧客や従業員などの個人情報保護は重要な責務の1つ。高度な脅威を防ぐには、解析ソリューションと侵入防御システムの組み合わせやセキュリティ製品間での脅威情報の共有といった「多層防御」の仕組み作りが必要だ。

「脅威」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。