「総務 IT」から探す!IT製品・セミナー情報

「総務 IT」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「総務 IT」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「総務 IT」に関する特集



IT担当者494人を対象に勤怠管理システムの導入状況を調査。情シスか?人事・総務部か?システム導入の“主管部署”も明らかに!


カテゴリ  勤怠管理システム |




 今まさにクラウドコンピューティングがITの利用形態とその可能性を大幅に変えつつある。例えば総務省が行った調査では、2015年には2兆4千億円規模の市場に膨れ上がると推測されている(「図2」参照)。しかしながらクラウドコンピューティングのメリット、デメリット、利用にあたって検討すべき事項を理解しているユーザはむしろ少数派であると言えよう。 今回を含めた4回の連載においては、特にシステム導入における意思決定者を対象としてクラウドコンピューティングについての理解を深めるとともに、導入を検討するにあたって必要な事項をセキュリティの観点から考察する。


カテゴリ  IaaS/PaaS | プライベートクラウド




 平成18年の総務省「事業所・企業統計調査」によれば、我が国における従業員数300人以下の中小事業所数は、全事業所の約99%を占めている。現在、ほとんどの大企業が、これら中小企業に下請け業務を委託している事実を見ても、中小企業は我が国の産業の根幹を支える重要な位置付けにあるといえる。 中小企業において、企業内イントラネットの構築、財務会計システムの導入、メールによる受発注管理、SFAツールに代表されるインターネットを使った営業支援システムの利用など、今やITは必要不可欠なインフラであり、IT化が進むにつれ、情報セキュリティ対策が企業の経営において重要なポイントとなっている。こうした流れを受け、経済産業省の中期政策の1つに「中小企業の活性化、地域経済の再生」が挙げられており、IT導入の支援も積極的に行われている。 中小企業におけるセキュリティ対策の現状は、コンピュータウイルス対策ソフトなどの基本的な対策ツールの導入や、セキュリティポリシーの策定など、基本的に全体のレベルは少しずつ向上してきている。しかし、一方で大企業の対策と比較すると、具体的な取り組みや、社内での体制作りには、まだまだ遅れが見られるのが現状である(図1)。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「総務 IT」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ