「統合DWH 運用作業」から探す!IT製品・セミナー情報

「統合DWH 運用作業」 に近い情報
「運用作業」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「統合DWH 運用作業」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説DWHとは?

データウェアハウスとは、時系列に沿って随時更新されていく基幹系システムのデータベースとは異なり、一定の期間ごとに切り出したデータを正規化して、上書きすることなく蓄積していくためのデータベースのこと。データは追加されるのみで、更新や削除は行われない。こうして蓄積された過去から現在に至るまでのデータを対象に分析を行うことで、企業活動の可視化や事業の将来予測といった収益向上のための施策に結び付けていくことができる。データの蓄積期間は3〜5年、あるいは目的に応じて7年といった長期にわたる場合もある。

「運用作業」に関する特集



第一回で挙げた3つの立場ごとに課題と解決について解説していく。まずは直接システム運用作業を行う現場担当だが、現場担当の作業は高度化しており、負荷や責任が高まっている。オペレーターという言葉からオペレーションエンジニアや運用SEなどのように呼称が変化しているケースもある。属人的な運用は良くないと言われ続けているが、「運用でカバーする」 という言葉が無くならないように、現場担当の負担は軽くなっていない。オペレーションミスによる重大障害も度々ニュースになり、現場担当としては気の抜けない作業を毎日強いられている。一昔前の職人技の世界に比べるとかなり自動化も進んでいるものの、人の関与が必要な中途半端な自動化がかえって被害を大きくする場合もある。


カテゴリ  その他運用管理関連 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「統合DWH 運用作業」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ