「統合開発環境 CS+ 価格」から探す!IT製品・セミナー情報

「統合開発環境 CS+ 価格」 に近い情報
「統合開発環境 価格」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「統合開発環境 CS+ 価格」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説開発環境/BaaSとは?

BaaS(Backend as a Service/バース)とはアメリカのKinvey社が提供開始して以降、数々の企業が参入し続けている、スマートデバイスに向けた新しいクラウドサービスの総称。従来はクラウドといえばIaaS/PaaS/SaaSの3種と考えられてきた。そこに新しく登場したBaaSの位置づけは、PaaSとSaaSの境界部分といったところ。BaaSはもともと、スマートフォンやメディアタブレットのネイティブアプリケーションの開発効率を上げる目的で作られた。クライアントでの処理がメインになる業務の中で、できるだけサーバサイドの開発をなくすようにするのがBaaSである。

「統合開発環境 価格」に関するIT製品情報

ビッグデータ統合・連携基盤「Talend」  2017/06/01


エアー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Talend Enterprise Data Integration サブスクリプション初年度ユーザライセンス価格:3ユーザ 490万円(税別) 〜

カテゴリ  ビッグデータ | BI | ETL | データ分析ソリューション | その他データ分析関連

製品概要  Eclipseベースのグラフィカルな統合開発環境を使用し、データ統合からアプリケーション連携、ビジネスプロセス管理まで行える統一プラットフォーム。多数の導入実績あり。

オススメユーザー  ビッグデータを効果的に活用したい企業。ETL/ESBによるデータ統合を容易に実現し、ライセンス投資をできるかぎり抑えたい企業。


「統合開発環境 価格」に関する特集



開発案件減少により厳しさが増す統合開発環境市場。今後はSaaS開発案件が市場牽引役になると期待される同製品のシェア情報を紹介


カテゴリ  開発環境/BaaS | 開発ツール


「統合開発環境 価格」に関するニュース



 住友電工情報システムは、Webアプリケーション開発基盤の新版「楽々Framework3 Ver.2.4」を発売する。本製品は、業務システムを開発するための部品組み立て型Webアプリケーション開発基盤。システム設計から保守段階までの広範囲にわたる品質や生産性の向上とコスト削減を支援する。今回の新版では、統合開発環境…


カテゴリ  開発環境/BaaS |




 エンバカデロ・テクノロジーズは、クロスプラットフォームのネイティブアプリケーション開発ができる統合開発環境の新バージョン「RAD Studio 10.2 Tokyo」の出荷を3月28日に開始する。Linuxサーバサイドアプリ開発への対応や、OSの最新バージョンへの対応を強化した。本製品は、単一コードから複数プラットフォー…


カテゴリ  開発環境/BaaS | Linux




 エンバカデロ・テクノロジーズは、CData Softwareと提携し、統合開発環境(IDE)「RAD Studio/Delphi/C++Builder」からクラウドなどのエンタープライズサービスに安全・容易にアクセスできる製品「Enterprise Connectors」を提供する。β版を公開し、リリース版を2017年夏に提供開始する予定だ。本製品では、主…


カテゴリ  開発ツール | EAI



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「統合開発環境 CS+ 価格」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ