「経費精算 クラウド 比較」から探す!IT製品・セミナー情報

「経費精算 クラウド 比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「経費精算 クラウド 比較」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「経費精算 クラウド 比較」に関するIT製品情報

クラウド交通費・経費精算システム「Dr.経費精算」  2016/10/07


BearTail

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額利用料(1ユーザー当たり):980円※税込

カテゴリ  会計システム | その他基幹系システム関連

製品概要  領収書をスマホで撮影するだけで、経費申請データをオペレーターが入力代行。経費精算にかかる手間と時間を大幅に削減できるクラウド経費精算システム。

オススメユーザー  経費精算における営業担当や経理担当の負担をできるかぎり軽減し、ビジネスのスピードUPを図りたい企業。


交通費・経費精算クラウド 経費BankII  2016/09/15


SBIビジネス・ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用:18万円〜(税別)月額利用料(1〜50ユーザ):3万円(税別)

カテゴリ  会計システム | リモートアクセス | ERP | ワークフロー | 運用系業務アウトソーシング

製品概要  交通費・経費精算をスマートフォンやWebで申請できるクラウドサービス。駅すぱあと連携、仕訳データ出力、FBデータ作成ができ、作業時間の短縮、効率化が可能。

オススメユーザー  経費精算に関して不正やミスをなくし、業務を効率化させたい経理担当者。業務システムをクラウド化したいシステム担当者。


楽楽精算  2016/08/15


ラクス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 【初期費用】10万円【月額費用】3万円〜(※利用者数に応じて変動)※いずれも税別

カテゴリ  会計システム | ワークフロー | 電子帳票システム

製品概要  交通費をはじめ、あらゆる経費の申請・承認・精算を楽楽精をラクにする、累計導入社数NO.1のクラウド型経費精算システム。

オススメユーザー  交通費精算や経費精算を紙やExcelで処理しており、申請・確認・精算業務など煩雑な作業を効率化したい企業。


「経費精算 クラウド 比較」に関する特集



 「領収書の電子化が進めば日本全体で1兆円ものコスト削減効果が見込める」――そう語るのは旅費や経費精算のためのクラウドサービスを提供するコンカーの三村真宗社長だ。タクシー配車から航空券やホテルの宿泊予約など、あらゆるビジネスシーンで発生する経費を自動的に取り込むという同社のオープンプラットフォーム戦略はどのような未来を目指すのか?▼後編「経費精算のクラウド化、企業が得られるコスト削減以外のメリット」


カテゴリ  会計システム | スマートフォン




 前編「タクシー配車アプリからそのまま経費精算、コンカーが描く未来」では、これまでどうしても紙に頼らざるを得なかった経費精算や出張処理を電子化し、自動的に処理を行うコンカーのソリューションの一部を紹介した。例えば、タクシーを使った場合の経費精算処理や領収書の入力作業が、スマホアプリを通じ自動化できるようになると従業員は本来やるべき業務に注力でき、生産性が向上するというものだ。 しかし、その自動化によるメリットは従業員よりも、むしろ経営者にとってプラスに働くとコンカーは考えている。なぜなら経費処理とはお金の流れに他ならない。「ガバナンス」「最適化」……、後編ではコンカーが企業側のメリットを強調する機能群「For My Business」を紹介したい。


カテゴリ  会計システム | スマートフォン | ERP




 企業の事務ワークフローの中にはExcel帳票で集計業務を行うことが多い。会計などの仕組みがシステム化される一方、細かな事務処理作業はシステム化から取り残されていたり、現場が「運用でカバー」しているケースも少なくないだろう。 例えば、経費精算などで「所定のExcel帳票を記入して担当者にメール添付で申請する」といった運用をしてはいないだろうか? こうしたケースでは、定型の帳票を使っていながら、担当者が都度入力する必要があったり、提出されたデータを手動でコピー&ペーストする必要があったりと、ムダなプロセスが多い。 グレープシティが2016年4月20日に発表したExcel帳票の集計業務を効率化するクラウドサービス「Masume(ますめ)」は、こうしたあらゆる企業に残る”手作業集計”のムダを解消するために開発されたという。 この製品のキモは、他の組織から見ると「ワークフローが変わらない」点にある。 ワークフロー全体を切り替えるような集計業務効率化を検討する場合、導入する際に取引先や関係部署を巻き込んで新しいワークフローを学習させるところにまで責任を持たなくてはならず、導入が非常に大掛かりになってしまう。一方、ワークフローが変わらない場合であれば、導入部門の意思で素早く導入できる。


カテゴリ  帳票管理システム | データベースソフト | ワークフロー | その他情報システム関連


「経費精算 クラウド 比較」に関するニュース



 株式会社Donutsは、クラウド型経費精算システム「ジョブカン経費精算」の製品版をリリースした。「ジョブカン経費精算」は、簡素なUI(ユーザインターフェース)や簡単な操作性を備え、経費精算業務にかかる時間や人的ミスの削減を図れる。初期設定も簡単で、短時間で運用を開始できる。申請/承認/経理処理を一元…


カテゴリ  会計システム |




 freeeは、「クラウド会計ソフト freee」の経費精算機能を10月下旬にリニューアルする。「クラウド会計ソフト freee」では、受け取った領収書やレシートをスマートフォンで撮影し、同クラウド上にアップロードしてそのまま経費精算申請を行える。今回のリニューアルでは、2016年度の税制改正で電子帳簿保存法のスキ…


カテゴリ  会計システム | その他スマートデバイス関連 | ワークフロー | 帳票管理システム




 コンカーは、Sansanとヴァル研究所とともに、近隣交通費のコスト適正化と従業員の生産性向上を図る連携サービスの提供を10月に開始する。今回の連携サービスは、経費精算クラウド「Concur Expense」と名刺管理クラウド「Sansan」、カレンダー連携ツール「RODEM」、路線検索サービス「駅すぱあと」をクラウド連携す…


カテゴリ  EAI | 会計システム | その他情報共有システム関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「経費精算 クラウド 比較」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ