「管理サーバー導入」から探す!IT製品・セミナー情報

「管理サーバー導入」 に近い情報
「管理サーバ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「管理サーバー導入」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説サーバーとは?

ここで取り上げている「サーバー」は、コンピュータネットワーク上でほかのコンピュータ(クライアント)に対して、各種サービスを提供したり、データ共有などを許可するコンピュータのことを指す。サーバーの種類には「PCサーバー」「UNIXサーバー」「メインフレーム」などがあり、特定の機能を持ったサーバーは「Webアプリケーションサーバー」「データベースサーバー」「ファイルサーバー」などといったものがある。サーバーに搭載されるOSは「サーバーOS」と呼ばれ、「UNIX」「Windows Server」「Linux」などといった種類があり、それぞれ特長があって用途によって選択される。またサーバー運用にあたっては、「KVMスイッチ」や「UPS(無停電電源装置)」といった周辺機器の存在も重要である。

「管理サーバ」に関するIT製品情報

監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ  2016/02/01


インフィニコ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせ下さい。NetRegio SE、NetRegio、NetNebulasの各GAZERシリーズを用意。

カテゴリ  その他サーバー関連 | その他ネットワーク関連 | サーバー管理

製品概要  記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。

オススメユーザー  高機能の監視・ログ管理サーバを導入し、信頼性の高いネットワーク構築を実現したい企業。管理にかかる手間を軽減したい担当者。


ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応)  2016/08/01


オーク情報システム

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンスあたり:4750円※20ライセンスより販売※すべて税別

カテゴリ  暗号化 |

製品概要  ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。

オススメユーザー  機密情報取り扱い強化のため、簡単な操作によるファイル暗号化を検討している企業や組織(政府機関・自治体・教育機関など含む)


PC操作記録 iDoperation SC  2016/04/01


エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 スタンドアロン版:3万8400円〜エンタープライズ版:98万8800円〜※1PCの録画を前提とした最小構成価格※税別

カテゴリ  統合ログ管理 | フォレンジック

製品概要  サーバーやPCでの操作を録画して残せるPC操作記録ソフトウェア。管理サーバレスでの導入も可能で、初期コストを抑えつつ、より強固な情報漏洩対策を支援する。

オススメユーザー  マイナンバー制度における情報漏洩対策を行いたい企業。内部不正対策のためサーバーやPCでの操作をすべて記録したい企業。


Acronis Bakcup for VMware  2015/01/01


アクロニス・ジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 1ライセンス:6万円〜(税別) ※価格はCPU単位

カテゴリ  バックアップツール | サーバー仮想化 | その他仮想化関連 | サーバー管理 | ネットワーク管理 | 統合運用管理

製品概要  VMware vSphere環境に特化したバックアップ&リカバリソリューション。管理サーバの構築は不要。簡単・低コスト・スピーディに仮想マシンのバックアップを開始できる。

オススメユーザー  ●小規模なVMware vSphere環境のバックアップを検討されている企業●物理環境からVMware vSphere環境への仮想化を予定している企業


「管理サーバ」に関する特集



 独立行政法人 情報処理推進機構(略称IPA)は、2012年10月30日に『標的型攻撃メールの傾向と事例分析』に関するレポートを公開した。本連載では、当該レポートに沿って、2012年第4四半期の集計値を加えIPAに情報提供いただいた標的型攻撃メールの傾向を解説していく。  前回まで、最近の標的型攻撃メールの傾向と事例分析、実際の標的型攻撃メールを例としてだましの手口、類似点について解説した。では、このような傾向分析にはどのような情報が含まれているのだろうか。 例えば、標的型攻撃メールは、特定の企業や組織に対して行われる攻撃であるが、複数の(時として同業種の)企業や組織に対して行われることがある。また、標的型攻撃メールで使われたマルウェアを解析すると、マルウェアのファイル自身が異なったり(hash値が異なる)、アイコンが異なったりしていても、攻撃者の管理サーバ(C&Cサーバ:最近では攻撃が金銭や企業レベルの諜報活動ではなく、重要インフラへの攻撃と考えられる場合に、C2サーバと呼ばれることもある)が同じIPアドレスであったり、管理サーバとの管理サーバへの接続パスワード が同じであったりすることが、時期を変えて現れることも確認できている。


カテゴリ  メールセキュリティ |


「管理サーバ」に関するニュース



 株式会社オーク情報システムは、Windows 10に対応したファイル暗号化ソフト「CyberCrypt Ver.4.2」を発売した。「CyberCrypt Ver.4.2」は、容易な操作性を備え、20ライセンスから購入でき、管理サーバは不要と、低コストに導入・運用可能にした暗号化ソフト。一般的なファイル操作と同様に暗号化・復号を行なえ、利…


カテゴリ  暗号化 |




 ディー・ディー・エスは、指紋認証ソフトウェアの新バージョン「EVE FA Standalone Edition Rel.5.00」の提供を2017年2月下旬に開始する。本ソフトウェアは、管理サーバ不要で小規模から導入できる。今回の新バージョンでは、指紋とWindowsパスワードを組み合わせた2要素認証に対応した他、Windowsログオン認証や…


カテゴリ  認証 | シングルサインオン



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「管理サーバー導入」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ