「秘匿暗号」から探す!IT製品・セミナー情報

「秘匿暗号」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「秘匿暗号」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「秘匿暗号」に関する特集



 前回は秘匿(暗号化)に関するISO/IEC規格について取り上げた。今回は、認証と署名のISO/IEC規格についてまとめる。


カテゴリ  暗号化 |




 「暗号」と「2010年」の2つのキーワードから連想するものと言えば、「暗号の2010年問題」であろう。(参照:暗号技術の世代交代「2010年問題」) しかし、あまり知られていないが注目すべきポイントがもう1つある。それは、暗号を含む情報セキュリティの国際標準化組織ISO/IEC JTC1/SC27(以下SC27と略)が2010年の今年、設立20周年を迎えたことだ。10月にはこの20周年を祝い、記念本の出版や記念のイベントが行われる予定となっている。 SC27は図1に示すように、5つのWG(ワーキンググループ)から構成されている。暗号関係はWG2が担当し、現在日本がコンビーナ(議長)を務め、暗号関係の国際標準化をリードしている。 SC27/WG2で扱っている規格はSC27内でも群を抜くほど数多くある。しかしながら、それぞれの規格の中にどのようなアルゴリズムやプロトコルが規定されているかをまとめた文献に一度もお目にかかれたことがないので、SC27/WG2の取り組みについて3回にわたってまとめてみたい。


カテゴリ  暗号化 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「秘匿暗号」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ