「社内ネットワーク USB 危険」から探す!IT製品・セミナー情報

「社内ネットワーク USB 危険」 に近い情報
「USB 危険」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「社内ネットワーク USB 危険」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「USB 危険」に関するIT製品情報

リムーバブル ストレージ セキュリティ 「SecureCore RSS」  2015/04/01


クロス・ヘッド

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 | 暗号化 | DLP | フォレンジック

製品概要  外部記憶メディアや各種デバイスの利用を制御・管理するセキュリティソフトウェア。利用禁止などの制約を設けることなく、情報漏洩のリスクを低減することが可能。

オススメユーザー  USBメモリや外付けハードディスクなど外部記憶メディアの利用による情報漏洩の危険を未然に防ぎたい企業。


「USB 危険」に関する特集



 前回は、USBメモリに代表されるリムーバブルメディアや持ち込みPCからの不正プログラム感染脅威の増加と、それに伴うオフライン端末の不正プログラム感染の危険性について触れた。それでは、これらの脅威に対して、企業はどのような対策を講じているのだろうか。今回は、メーカーによる製造工程と保守現場における専用端末のセキュリティ対策、およびメーカー以外の一般事業会社におけるオフライン端末へのセキュリティ対策事例を検証し、そのセキュリティ要件を検討してみたい。


カテゴリ  アンチウイルス |




 本稿では、クライアント環境における情報漏洩対策の見落としがちなポイントについて、ご紹介していきます。 クライアント環境における情報漏洩対策というと、まず、王道ともいえる対策として、クライアントPCで扱うデータの暗号化や、外部媒体への書き出し制御があります。これらの対策は既に実施されている企業様が多いですが、外部媒体の制御については、これまではUSBメモリやCDに対する制御が主流であったの対し、最近では、情報漏洩の新たな抜け道として、(外部媒体としての)スマートフォンへの書き出しを制御されている企業様も多くなりました。 また、スマートフォン、タブレット等のスマートデバイスを業務に利用する企業様が増える中、同様に業務での利用が広がっているのが無線LANです。ご存じのように、無線LANというのは場所を意識することなくネットワークを利用でき、公衆のアクセスポイントの他、スマートフォンのテザリングやWi-Fiルータ等を用いることで、簡単にPCをネットワークに接続させることができるため、非常に便利な訳ですが、一方で新たな危険も潜んでいます。


カテゴリ  無線LAN |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「社内ネットワーク USB 危険」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ