「社内 AI活用 基盤」から探す!IT製品・セミナー情報

「社内 AI活用 基盤」 に近い情報
「社内 基盤」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「社内 AI活用 基盤」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「社内 基盤」に関するIT製品情報

クラウドセキュリティソリューション TrustBindシリーズ  2014/04/01


NTTソフトウェア

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせ下さい

カテゴリ  シングルサインオン | 認証 | データ分析ソリューション | 統合ログ管理

製品概要  社内/社外のwebサービス間におけるユーザID連携・SSO(シングルサインオン)・ユーザ情報(属性情報)のセキュアな連携を実現する統合認証基盤

オススメユーザー  ●社内WebサービスとSaaSサービスの認証を連携させたい●社内/社外のWebサービスの統合シングルサインオン基盤を構築したい企業


ユーザ参加型 ナレッジ共有サービス 「ナレッジリング」  2016/09/01


CBIT

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 【フリープラン】■初期費用無料■月額料金無料※20アカウント500MBまで

カテゴリ  ナレッジマネジメント | ワークフロー | 文書管理 | EIP | データ検索ソフト

製品概要  クラウド上にアップしたビジネス文書(Word/Excel/PowerPoint/PDF)から必要な情報を検索する機能、FAQ、コミュニティQ&A、評価機能などを備えたナレッジ共有サービス

オススメユーザー  ●社内のナレッジ共有とナレッジ活用を、簡単に行いたい企業●簡単・低コストで社内に情報共有基盤を導入したい企業


セマンティック統合検索エンジン [IN2] Discovery 2  2013/09/24


ソルトルックス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  データ検索ソフト | グループウェア | 文書管理 | データ分析ソリューション

製品概要  全文検索/自然言語処理/テキストマイニングを基盤とするセマンティック検索エンジン。社内に加えWeb上の情報まで横串検索でき、情報の関係性やトレンドの分析などが可能。

オススメユーザー  ●社内に眠る膨大な文書をより効果的に活用する方法を模索している企業●Web上の情報から効率的に必要な情報を収集したい企業


ビッグデータ利活用基盤ソリューション 「Splunk Enterprise」  2014/03/27


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 オープン価格

カテゴリ  ビッグデータ | BI | DWH | その他データ分析関連 | バックアップツール

製品概要  ビッグデータ時代のデータ活用・ログ解析ソフトウェア。大量のログを素早く簡単に解析できるデータ活用基盤。セキュリティ対策や運用、ビジネス分析など様々な分野で活躍。

オススメユーザー  社内にある膨大なデータを有効に活用したいという企業。サーバー内のビッグデータを検索可能な状態で保存したい企業など。


CloudSmartGate  2015/09/10


メディアマート

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 1IDあたり月額300〜500円※ID数に応じて割引があります最低利用期間:6ヵ月、最小ID数:30※税別

カテゴリ  認証 | その他スマートデバイス関連 | シングルサインオン

製品概要  スマートデバイスとWebサーバをつなぎ、端末認証・セキュリティ確保を実現する統合認証基盤。クラウド型のため、初期投資は不要で月額課金のみで利用できる。

オススメユーザー  ユーザの利便性を損なうことなく、スマートデバイスから安全に社内システムやSaaSを使える環境を低コストで構築したい企業。


「社内 基盤」に関する特集



今や米国防総省や司法省も利用している?社内ユーザのみならず社外の関係者まで対象を広げたコラボレーションを支える情報共有基盤として活用が進んでいるオンラインストレージ、その最前線を徹底レポート!


カテゴリ  オンラインストレージ/ファイルストレージ |




 cloudpackが公開しているセキュリティホワイトペーパーの要点を紹介する連載の第3回目は、業務ネットワークのセキュリティにまつわる部分を解説します。cloudpack事業部は他の事業部とは独立した社内ネットワークを構築しています。AWS Direct Connectなどを含む各種閉域ネットワークサービスを活用して、オフィスとAWSをセキュアに接続し、AWSを社内インフラの基盤にしています。 特徴的なのは、認証情報を司るサーバーを独立した環境で一元管理することで、極めてセキュリティ強度の高いシステムにしている部分です。この設計や考え方は、御社のデータセンターや事業拠点、部門間における業務ネットワークのセキュリティを考えるにあたり、参考になるかもしれません。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | IaaS/PaaS




 2016年10月13日、米Zuoraの日本法人であるZuora Japanは自社の「リレーションシップ・ビジネス・マネジメント(RBM)」サービスが東芝グループのIoTサービスの基盤に採用されたと発表した。ZuoraのいうRBMとは、サブスクリプション型ビジネスモデル運営のためのSaaSプラットフォームを指す。 東芝では、グループ内のIoT関連部門や人材を統合し、社内カンパニー「東芝インダストリアルICTソリューション社」を2015年に設立している。同社ではグループ全体のIoT基盤構築を進めており、IoTビジネスの利用形態や課金方式でも多様な要求に対応すべく整備しているところだという。この中の1つが「サブスクリプション型」の課金体系というわけだ。 ZuoraのRBMプラットフォームは、経済紙『Wall Street Jornal』、オンラインストレージサービスを提供するbox、エンタープライズ向けのクラウドサービスを展開するIBM、通信キャリア大手AT&T、IoTソリューションなどを開発するゼネラル・エレクトリック(GE)などに採用されている。B2Cでは旅行情報サービスを運営するTripAdvisorもユーザーだ。 Zuora Japanは2015年に設立、サービスの日本語化が完了した2016年4月から本格的な事業活動を開始しており、日本経済新聞社、コマツ、日本ユニシス、Freeeなどが既に導入企業に名を連ねている。三井情報、日立ソリューションズが販売パートナーになっており、決済ではGMOペイメントゲートウェイと提携している。ペイメントゲートウェイ(オンライン決済代行事業者)についてはこの他にも複数社と交渉を進めているという。


カテゴリ  システムインテグレーション |


「社内 基盤」に関するニュース



 日本システムウエア(NSW)は、社内外の業務システムやクラウドサービスで管理する複数のID情報の統合とシングルサインオンを可能にするクラウド型統合認証基盤サービス「NSW-BizIAM」の提供を開始した。NSW-BizIAMは、エクスジェン・ネットワークスのID統合管理システム「Cloud Identity Manager」と、アイピーキ…


カテゴリ  ID管理 | 認証 | シングルサインオン


その他キーワード

製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「社内 AI活用 基盤」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ