「社内 システム 一元管理」から探す!IT製品・セミナー情報

「社内 システム 一元管理」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「社内 システム 一元管理」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「社内 システム 一元管理」に関するIT製品情報

Liferay Portal  2016/03/31


イージフ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  その他WEB構築関連 | その他情報共有システム関連

製品概要  ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。

オススメユーザー  情報や社内システムをポータルで一元管理したい企業。カスタマーサイトやパートナーサイトを構築したい企業など。


帳票公開ソリューション「快速サーチャーGX」  2016/03/31


インテック

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  帳票管理システム | 電子帳票システム

製品概要  社内だけでなく社外へもセキュアな環境で帳票公開を実現。日々の問い合わせ業務や顧客向けの帳票公開業務、契約書管理業務など様々なシーンで利用可能。

オススメユーザー  ホスト系帳票からグラフやバーコードを含むオープン系帳票をまとめて一元管理し、グループ間、企業間での帳票公開を行いたい企業


かんたんメール共有ツール「サイボウズ メールワイズ」  2016/11/25


サイボウズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ●クラウド版 1ユーザ月額500円(2ユーザ〜)●オンプレミス版 新規ライセンス(5ユーザ版) 初年度 29万8000円(税別)

カテゴリ  電子メール | メールアーカイブ

製品概要  社内、部署内のメールを一元管理するWebメールシステム。メーリングリストやCCが不要となり、トラフィックを大幅に低減可能。また一覧画面でステータスを管理できる。

オススメユーザー  メール共有に課題を抱える企業。ECサイトを経営している企業。メールトラフィックを制御したい情報システム部門管理者。


企業間・部門間情報共有プラットフォーム PROCENTER/C  2016/11/01


NEC

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 Standardサーバライセンス:100万円〜最大100万ファイル数登録、2000ユーザまで(2000ユーザ超の場合はServer Edition)※税別

カテゴリ  ファイル共有 |

製品概要  複数サーバに散在する文書やファイルを統合管理できる文書・コンテンツ管理システム。大容量ファイルの高速転送、授受管理が可能で、社外・海外企業との情報共有も効率化。

オススメユーザー  社内の文書やデータを一元管理し、効率的に活用したい企業。社外パートナーや海外拠点と安全かつ確実に情報共有を行いたい企業。


Accela BizAntenna QAメーカー  2014/05/27


アクセラテクノロジ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 月額25万円(税別)〜

カテゴリ  FAQシステム | コールセンター/CTI | ナレッジマネジメント | データ検索ソフト | その他情報共有システム関連

製品概要  Q&A集、マニュアル、社内通達、対応履歴などを一元管理。顧客からの問い合わせ対応や問題解決に役立つコンテンツを迅速に見つけることができる。オンプレミス版もあり。

オススメユーザー  コールセンター、ヘルプデスクなどの問題解決力を強化し顧客満足度を向上させたい企業。Q&A集を簡単に用意しWeb公開したい企業


「社内 システム 一元管理」に関する特集



多くの場合、企業内では様々な業務システムが個別に導入され、稼働しています。そこで、統合型業務ソフトウェアのERP(Enterprise Resource Planning)を利用して、各システム間の連携を高める方法を紹介します。


カテゴリ   |




日本の企業におけるクラウド利用はここ数年、予想よりも早い速度で浸透している感がある。キャリアやシステムインテグレータ、サービスプロバイダの提供するプライベートクラウド利用が浸透してきたと思った瞬間に大規模環境のAWS、Office365導入のニュースが相次ぎ、基幹系、情報系問わず社内のシステムを全てクラウドに移行することを検討する企業も規模にかかわらず増えてきている。パブリッククラウド上の仮想デスクトップサービス(DaaS)も始まり、企業のICT全てを外に出すことも可能な世界になった。


カテゴリ  バックアップツール | バックアップサービス




 cloudpackが公開しているセキュリティホワイトペーパーの要点を紹介する連載の第3回目は、業務ネットワークのセキュリティにまつわる部分を解説します。cloudpack事業部は他の事業部とは独立した社内ネットワークを構築しています。AWS Direct Connectなどを含む各種閉域ネットワークサービスを活用して、オフィスとAWSをセキュアに接続し、AWSを社内インフラの基盤にしています。 特徴的なのは、認証情報を司るサーバーを独立した環境で一元管理することで、極めてセキュリティ強度の高いシステムにしている部分です。この設計や考え方は、御社のデータセンターや事業拠点、部門間における業務ネットワークのセキュリティを考えるにあたり、参考になるかもしれません。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | IaaS/PaaS


「社内 システム 一元管理」に関するニュース



 京セラドキュメントソリューションズジャパン(KDJ)は、小規模企業を対象に、オフィスのIT機器のトラブルやセキュリティのリスクを予防する、オフィス診断サービス「J-カルテ」を発売した。価格は個別見積もり。J-カルテでは、社内のIT機器の情報を自動で収集し、一元管理する。専門の担当者が、セキュリティソフ…


カテゴリ  システムコンサルティング | セキュリティ診断 | IT資産管理



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「社内 システム 一元管理」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ