「社内 インターネット 規制する」から探す!IT製品・セミナー情報

「社内 インターネット 規制する」 に近い情報
「社内 インターネット」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「社内 インターネット 規制する」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「社内 インターネット」に関するIT製品情報

SaaS型リモートアクセスサービス RemoteWorks  2016/07/15


TISソリューションリンク

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ・PC版:9900円/ID(年額)・USB/DVD版:9900円/ID(年額)・タブレット版:7200円/ID(年額)※税抜き※初期費用不要

カテゴリ  リモートアクセス | 認証

製品概要  社外から社内のPCへのセキュアなアクセスを可能にするSaaS型リモートアクセスサービス。インターネット環境があれば利用でき、サーバーの導入は不要。

オススメユーザー  安全なリモートアクセスを実現したい企業。特に、営業効率アップ、在宅ワーク推進、事業継続などを検討中の方。


Web Security Gateway(旧 Web Filter)  2017/03/31


バラクーダネットワークスジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 39万円〜※税抜価格

カテゴリ  フィルタリング | IPS

製品概要  コンテンツフィルタリング、アプリケーション防御、マルウェアプロテクションを1台で行える統合型ソリューション。

オススメユーザー  ユーザのインターネットアクセスを制御し、社内環境をマルウェア、ウイルスなど社外の脅威から確実に守りたい企業。


全文検索・情報活用システム QuickSolution  2017/02/15


住友電工情報システム

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 拡張ライセンス(本体標準価格):120万円〜1800万円(税別)基本ライセンス(本体標準価格):80万円〜1200万円(税別)

カテゴリ  データ検索ソフト |

製品概要  50TBのファイルサーバを1台のサーバで高速セキュア検索できる全文検索システム。NotesやRDBに対応。サムネイル/ビューワ、共有タグ、Know-Whoで情報活用。

オススメユーザー  社内に蓄積した大量の情報を共有、活用したい企業。Webサイト、ECサイトなど大容量データをインターネットで公開している企業。


KEL Web会議サービス IC3 アイシーキューブ  2012/11/01


兼松エレクトロニクス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 ■初期費用0円■月額費用同時5接続:4万5000円〜(税別)同時接続最大60までルーム数、ID数、利用時間すべて無制限

カテゴリ  Web会議 | リモートアクセス | ナレッジマネジメント | 暗号化 | 認証 | 統合運用管理

製品概要  インターネット経由で動画・音声・チャットなどを駆使したコミュニケーションが簡単に実現するWeb会議システム。Webブラウザから利用でき、アプリケーション共有も行える。

オススメユーザー  社内だけでなく取引先などと自由にコミュニケーションを強化したい企業。在宅勤務の実現、国外と会議や資料交換が必要な企業。


「社内 インターネット」に関する特集



「拠点間での情報のやりとり」「外出先からの社内アクセス」などに活躍するVPN。機能にサービス形態…ちゃんと説明できますか?


カテゴリ  インターネットVPN | IP-VPN




自宅や外出先から社内PCにアクセスしたいと考える従業員は多い。でも便利な反面、情報流出の危険性も…。そこで今回は、低予算で強固なセキュリティ環境を実現した企業を紹介!休日出社のムダとコストは削減しよう!


カテゴリ  インターネットVPN | 認証




 中小企業にとっても、今や導入が当たり前のものとなったエンドポイントのセキュリティ対策と比較して、優先順位があまり上がってこなかったのがゲートウェイにおける防御だろう。そもそも社内にメールサーバやWebのプロキシサーバを設置していない環境が中小企業では多いかもしれない。ただ、インターネットがビジネスを遂行する上で必要不可欠なインフラになった現代においては、インターネットと社内ネットワークをつなぐ出入口にファイアウォールを設置するなど、不正アクセス対策は定番化している。しかし、ゲートウェイで不正プログラムやスパムメールを防御するという考え方は、数年前までは多くのクライアントPCを抱え巨大なネットワークを構成する大規模企業に限られたものであった。その理由としては、ゲートウェイセキュリティ専用のサーバを構築し、専用ソフトを運用しなければならないという初期投資と運用コストの大きさが挙げられる。また、わざわざゲートウェイで防御せずとも、クライアント側での対策が万全であれば大丈夫だろうという考え方も浸透していた。 しかし、2000年代初頭から発生したスパムメールの大量の流通により、企業においても社内ネットワークトラフィックの逼迫などの悪影響が懸念されてきた。また、就業時間内に社員が業務に関係のないWebサイトを閲覧し、業務効率が低下するという負の側面がクローズアップされ始めたのも同じ頃である。


カテゴリ  UTM |


「社内 インターネット」に関するニュース



 アウトソーシングテクノロジー(OSTech)は、社内のさまざまなドキュメントを電子書籍化して一元管理できるサービス「SpinMedia Catalog」の提供を開始した。本サービスは、Microsoftのクラウドサービス「Microsoft Azure」上で運用するため、インターネットへ接続できる端末があれば、社内のさまざまな情報を共有…


カテゴリ  文書管理 | ファイル共有




 富士ゼロックスは、外出先や在宅勤務先などでスマートフォンやPCを利用して、社内との通話の内線化や、会社電話番号での外線発着信を可能にする「データ通信サービス モバイルLTE IP内線サービス」を発売した。本サービスは、NTTドコモのLTEネットワークに対応したモバイルインターネット接続サービス「データ通信…


カテゴリ  IP-PBX | その他スマートデバイス関連




 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は、モバイルワーク時のセキュリティ対策に適した、クラウド型Webフィルタリングサービスの新バージョン「InterSafe CATS Ver. 4.6」を6月26日に発売する。本サービスは、社内ネットワークに接続していない端末のインターネットアクセスをコントロールできる。在宅勤…


カテゴリ  フィルタリング |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「社内 インターネット 規制する」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ