「社内 インターネット 制限」から探す!IT製品・セミナー情報

「社内 インターネット 制限」 に近い情報
「社内 インターネット」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「社内 インターネット 制限」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「社内 インターネット」に関するIT製品情報

SaaS型リモートアクセスサービス RemoteWorks  2016/07/15


TISソリューションリンク

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 ・PC版:9900円/ID(年額)・USB/DVD版:9900円/ID(年額)・タブレット版:7200円/ID(年額)※税抜き※初期費用不要

カテゴリ  リモートアクセス | 認証

製品概要  社外から社内のPCへのセキュアなアクセスを可能にするSaaS型リモートアクセスサービス。インターネット環境があれば利用でき、サーバーの導入は不要。

オススメユーザー  安全なリモートアクセスを実現したい企業。特に、営業効率アップ、在宅ワーク推進、事業継続などを検討中の方。


Web Security Gateway(旧 Web Filter)  2018/03/31


バラクーダネットワークスジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 39万円〜※税抜価格

カテゴリ  フィルタリング | IPS

製品概要  コンテンツフィルタリング、アプリケーション防御、マルウェアプロテクションを1台で行える統合型ソリューション。

オススメユーザー  ユーザのインターネットアクセスを制御し、社内環境をマルウェア、ウイルスなど社外の脅威から確実に守りたい企業。


リモートアクセスサービス OneOffice スマートコネクト  2018/05/01


TOKAIコミュニケーションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用 3000円1日の利用 100円/ユーザー1カ月最大 1500円/ユーザー ※税別

カテゴリ  リモートアクセス | モバイル通信サービス

製品概要  インターネットを使って、社外のモバイルPCやタブレットから、オフィス内PCを遠隔操作する、日額従量課金制のリモートアクセスサービス。

オススメユーザー  セキュリティ上、モバイル機器(タブレットやモバイルPC)からは社内システムにアクセスできない企業。


SaaS型文書管理パッケージ Documal SaaS  2018/04/15


富士通

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 ●初期費用基本設定 30万円導入支援作業 個別見積●月額費用 ※10 IDの場合パブリック版 2万円〜プライベート版 27万円〜 ※税別

カテゴリ  文書管理 | ワークフロー | ファイル共有

製品概要  インターネット環境があれば、どこからでも利用できる、SaaS型の文書管理・ワークフローサービス。

オススメユーザー  社内文書の管理だけでなく、取引先・関連会社など社外との間でも文書共有をスムーズに行いたい企業。


「社内 インターネット」に関する特集



「拠点間での情報のやりとり」「外出先からの社内アクセス」などに活躍するVPN。機能にサービス形態…ちゃんと説明できますか?


カテゴリ  インターネットVPN | IP-VPN




自宅や外出先から社内PCにアクセスしたいと考える従業員は多い。でも便利な反面、情報流出の危険性も…。そこで今回は、低予算で強固なセキュリティ環境を実現した企業を紹介!休日出社のムダとコストは削減しよう!


カテゴリ  インターネットVPN | 認証




 中小企業にとっても、今や導入が当たり前のものとなったエンドポイントのセキュリティ対策と比較して、優先順位があまり上がってこなかったのがゲートウェイにおける防御だろう。そもそも社内にメールサーバやWebのプロキシサーバを設置していない環境が中小企業では多いかもしれない。ただ、インターネットがビジネスを遂行する上で必要不可欠なインフラになった現代においては、インターネットと社内ネットワークをつなぐ出入口にファイアウォールを設置するなど、不正アクセス対策は定番化している。しかし、ゲートウェイで不正プログラムやスパムメールを防御するという考え方は、数年前までは多くのクライアントPCを抱え巨大なネットワークを構成する大規模企業に限られたものであった。その理由としては、ゲートウェイセキュリティ専用のサーバを構築し、専用ソフトを運用しなければならないという初期投資と運用コストの大きさが挙げられる。また、わざわざゲートウェイで防御せずとも、クライアント側での対策が万全であれば大丈夫だろうという考え方も浸透していた。 しかし、2000年代初頭から発生したスパムメールの大量の流通により、企業においても社内ネットワークトラフィックの逼迫などの悪影響が懸念されてきた。また、就業時間内に社員が業務に関係のないWebサイトを閲覧し、業務効率が低下するという負の側面がクローズアップされ始めたのも同じ頃である。


カテゴリ  UTM |


「社内 インターネット」に関するニュース



 ラックは12月20日、企業が利用するITシステムに疑似攻撃を仕掛け、サイバー攻撃に対する弱点を発見する「ペネトレーション(侵入)テストサービス」の提供を開始した。本サービスでは、同社のセキュリティ技術者が、攻撃者と同様の手法により、インターネットを介して企業の社内ネットワークや公開ネットワークに疑…


カテゴリ  セキュリティ診断 |




 インターコムは、オンライン商談ツール「RemoteOperator Sales」の提供を5月下旬に開始する予定だ。クラウド上の資料を営業グループで共有でき、対面さながらの営業活動を在社しながら行える。本サービスでは、自社内やサテライトオフィス、自宅などさまざまな場所から、インターネットを通じて提案資料やデモ画面…


カテゴリ  SFA | その他情報共有システム関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「社内 インターネット 制限」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ