「無線LAN利用時のリスク」から探す!IT製品・セミナー情報

「無線LAN利用時のリスク」 に近い情報
「無線LAN利用時の」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「無線LAN利用時のリスク」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説無線LANとは?

無線LANとは、ネットワークのノード間を、ケーブルを使わずに電波を使って接続するLANのこと。無線LANはIEEE802.11bという最大11Mbpsの通信規格が誕生してから製品化が急速に進むようになり、現在では100Mbps以上の無線LANの導入も始まっている。無線LANを構築する上で必要になる機器にはアクセスポイント(基地局あるいは無線LAN親機)、無線クライアント(無線LAN子機あるいは無線LANアダプタ)、無線LANコントローラ(あるいは無線LANスイッチ)などがある。

「無線LAN利用時の」に関する特集



 前回は、情報処理推進機構(IPA)が実施した「2012年度情報セキュリティの脅威に対する意識調査」より、情報セキュリティ対策の実施状況及び情報セキュリティに関する問題意識を紹介した。今回は、無線LAN利用時のセキュリティ対策、組織内でも利用されているUSBメモリの利用時におけるセキュリティ対策状況について紹介する。


カテゴリ  無線LAN | その他ストレージ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「無線LAN利用時のリスク」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ