「無線LAN 業務用 違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「無線LAN 業務用 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「無線LAN 業務用 違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説無線LANとは?

無線LANとは、ネットワークのノード間を、ケーブルを使わずに電波を使って接続するLANのこと。無線LANはIEEE802.11bという最大11Mbpsの通信規格が誕生してから製品化が急速に進むようになり、現在では100Mbps以上の無線LANの導入も始まっている。無線LANを構築する上で必要になる機器にはアクセスポイント(基地局あるいは無線LAN親機)、無線クライアント(無線LAN子機あるいは無線LANアダプタ)、無線LANコントローラ(あるいは無線LANスイッチ)などがある。

「無線LAN 業務用 違い」に関するニュース



 セイコーインスツル株式会社(SII)は、業務用モバイルサーマルプリンター「MP-A40」シリーズで、Bluetoothモデル「MP-A40-B06JK1」と無線LANモデル「MP-A40-W06JK1」を8月下旬(予定)に発売する。価格はオープン価格。今回の「MP-A40」シリーズは、耐衝撃性や防塵/防滴性能と、デザイン性を兼ね備えている。2.0m…


カテゴリ  プリンター | その他スマートデバイス関連




 フルノシステムズは、業務用の無線LANアクセスポイント(AP)「ACERA」シリーズで、無線の安定性を強化した802.11ac Wave1仕様の2機種、「ACERA 1020」を10月、「ACERA 1010」を12月(いずれも予定)から順次出荷する。価格はオープン価格。ACERA 1020/1010は、5GHz帯の802.11ac/n/aと2.4GHz帯の802.11n/b/gに対…


カテゴリ  アクセスポイント |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「無線LAN 業務用 違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ