「無線LAN 暗号化 動向」から探す!IT製品・セミナー情報

「無線LAN 暗号化 動向」 に近い情報
「無線LAN 暗号化」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「無線LAN 暗号化 動向」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説暗号化とは?

企業や組織にとって大切な個人情報や機密情報などのデータを、解読鍵がなければ判読不能な状態に変換することで、万が一、第三者の手に渡ったとしても情報漏洩のリスクが生じないように保護する。代表的な製品としてはHDD暗号化やファイル暗号化が挙げられ、この場合には、HDD全体、あるいはファイルやフォルダの暗号化を行うことで、PC自体の紛失・盗難などを要因とした情報漏洩を防ぐ。

「無線LAN 暗号化」に関するIT製品情報

Meru 無線LANソリューション  2014/09/01


ノックス

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ハードウェア
価格 ■AP832i(アクセスポイント デュアル無線 IEEE 802.11a/b/g/n/ac):19万4000円(税別)

カテゴリ  無線LAN | 暗号化 | 認証 | アクセスポイント | ネットワーク管理 | アクセス解析

製品概要  電波干渉を気にすることなく、アクセスポイントを設置できる無線LANソリューション。これまでのような面倒な調査や複雑なチャネル設計を行う必要がない。とにかく簡単。

オススメユーザー  iPadやiPhone、Androidなどから社内LANへの接続を検討している企業。通信面での問題で無線LANへの導入に踏み切れないユーザ。


Ruckus Wireless Smart Wi-Fiソリューション  2015/11/15


ジェイズ・コミュニケーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ハードウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  無線LAN | 暗号化 | WAN高速化 | ネットワーク管理 | 統合運用管理

製品概要  クライアント端末/パケットごとに電波の強度分布を変化させることで、常に最適な状態での通信を実現する無線LANソリューション。簡易なサイトサーベイにて導入可能。

オススメユーザー  高品質の無線LAN環境を低コストで構築したい安定した通信環境を手間をかけずに維持したい企業/ホテル/商業施設/学校など


秘文AE SmartDevice Extension  2015/03/01


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 8000円(税別)

カテゴリ  暗号化 | タブレット | その他ネットワークセキュリティ関連

製品概要  データの暗号化と安全でない無線LANへの接続を禁止するWi-Fi制御で、Windows 8タブレットの業務利用に必要なセキュリティ対策をワンパッケージで提供。

オススメユーザー  業務でWindows 8タブレットの活用を検討している企業。


WebコアConference  2013/03/01


富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 【タブレット10台で利用の場合】 ※税別ライセンス(サーバ、クライアント):80万円年間保守:14万4000円

カテゴリ  Web会議 | タブレット | 暗号化

製品概要  サーバに登録した資料を、無線LANを経由して参加者のタブレット端末に表示させるペーパーレス会議システム。シンプルな操作性を実現し、マルチデバイスに対応。

オススメユーザー  会議運営コストを削減したい企業。会議の運営効率化を推進したい企業。


RSA SecurID ワンタイム・パスワード ソリューション  2013/06/01


EMCジャパン

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 25ユーザ 44万円(定価・税別)〜

カテゴリ  ワンタイムパスワード | 暗号化 | ID管理

製品概要  ワンタイム・パスワード認証とリスクベース認証でセキュリティと利便性を両立。世界2万5000ユーザの実績を持つ、企業向け認証サーバ。

オススメユーザー  仮想デスクトップ、仮想サーバ、リモートアクセス、無線LAN、Webシステム等に強固な認証基盤を導入したい企業。


「無線LAN 暗号化」に関する特集



情報窃取を目的とした中間者攻撃に社屋から漏れる電波の解読…。企業での無線LAN利用における“7つ”の危険と対策術をご紹介!


カテゴリ  暗号化 | 無線LAN




 本稿では、クライアント環境における情報漏洩対策の見落としがちなポイントについて、ご紹介していきます。 クライアント環境における情報漏洩対策というと、まず、王道ともいえる対策として、クライアントPCで扱うデータの暗号化や、外部媒体への書き出し制御があります。これらの対策は既に実施されている企業様が多いですが、外部媒体の制御については、これまではUSBメモリやCDに対する制御が主流であったの対し、最近では、情報漏洩の新たな抜け道として、(外部媒体としての)スマートフォンへの書き出しを制御されている企業様も多くなりました。 また、スマートフォン、タブレット等のスマートデバイスを業務に利用する企業様が増える中、同様に業務での利用が広がっているのが無線LANです。ご存じのように、無線LANというのは場所を意識することなくネットワークを利用でき、公衆のアクセスポイントの他、スマートフォンのテザリングやWi-Fiルータ等を用いることで、簡単にPCをネットワークに接続させることができるため、非常に便利な訳ですが、一方で新たな危険も潜んでいます。


カテゴリ  無線LAN |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「無線LAN 暗号化 動向」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ