「無線lan 帯域幅 20 40」に近い情報
「無線lan 20」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「無線lan 20」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説無線LANとは?

無線LANとは、ネットワークのノード間を、ケーブルを使わずに電波を使って接続するLANのこと。無線LANはIEEE 802.11bという最大11Mbpsの通信規格が誕生してから製品化が急速に進むようになり、現在では100Mbps以上の無線LANの導入も始まっている。無線LANを構築する上で必要になる機器にはアクセスポイント(基地局あるいは無線LAN親機)、無線クライアント(無線LAN子機あるいは無線LANアダプター)、無線LANコントローラー(あるいは無線LANスイッチ)などがある。

「無線lan 20」に関する記事情報

無線LANの新たなセキュリティ規格「WPA3」とは何か?

無線LANのセキュリティの根幹をなす暗号化には細心の注意を払うべきだ。2018年6月、Wi-Fiアライアンスは「WPA3」を発表した。

無線LANの導入状況(2018年)/後編

キーマンズネット会員206人を対象にアンケート調査を実施した。導入時に重視するポイントやトラブルの有無など無線LANの利用実態が明らかになった。

無線LANの導入状況(2018年)/前編

キーマンズネット会員206人を対象にアンケート調査を実施した。導入率や接続するクライアント端末など無線LANの利用実態が明らかになった。

「無線LANアクセスポイント」シェア(2016年度)

2016年度の無線LANアクセスポイント市場規模は333億円。文教向け市場が活性化している。シェア情報を紹介する。

「無線LANコントローラー」シェア(2016年度)

無線LANコントローラーの市場規模はおよそ79億円。シェア情報を紹介する。

最新規格「IEEE 802.11ax」がやってきた、最新無線LAN事情

多くの企業が利用する無線LAN。2016年後半からは登場した802.11ac Wave2対応の製品に続き、新規格「IEEE 802.11ax」のドラフトが決定した。乱立するIoT向けサブGHz帯の動向など、無線最新動向を解説する。

無線LANの導入状況(2016年)/後編

キーマンズネット会員358人を対象に無線LANの導入状況を調査した。「無線LANの規格」「無線LANでのセキュリティ対策」などが明らかになった。

無線LANの導入状況(2016年)/前編

キーマンズネット会員358人を対象に無線LANの導入状況を調査した。「無線LANを導入した目的」「導入した際に重視したポイント」などが明らかになった。

「無線LANアクセスポイント」シェア(2015年度)

2015年度は数量ベースで489万2000台、金額ベースでは305億円だった同市場。エンタープライズ向けで占有率トップのベンダーとは?

「無線LANコントローラー」シェア(2015年度)

2015年度は数量1万200台、金額88億円と見込まれた当該市場。通信キャリアや工場、文教などの需要を獲得する占有率1位ベンダーとは?

「無線lan 20」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。