「漏洩 流出 違い」から探す!IT製品・セミナー情報

「漏洩 流出 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「漏洩 流出 違い」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「漏洩 流出 違い」に関するIT製品情報

機密情報漏洩対策ソリューション SECUDRIVE(セキュドライブ)  2016/09/01


ブレインズスクエア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  DLP | 暗号化 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  「企業の機密情報は絶対流出させない」をコンセプトに開発されたファイルサーバーセキュリティプログラム、デバイス制御などからなる情報漏洩防止ソリューション。

オススメユーザー  個人情報や知的財産など社内の機密情報の漏洩対策を検討している企業。また、業務の利便性を下げずに情報漏洩を防止したい企業。


InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム)  2016/02/06


アルプス システム インテグレーション

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 【1〜99ライセンスの場合】1万5000円(一般)1万2000円(ガバメント)1万500円(アカデミック)※1ライセンスあたり、税別

カテゴリ  暗号化 |

製品概要  ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。

オススメユーザー  マイナンバーの管理強化をしたい企業・法人。情報流出に備えた情報漏洩対策を強化したい企業。


Lit i View EMAIL AUDITOR  2015/07/30


UBIC

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせ下さい。

カテゴリ  メールセキュリティ | その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他データ分析関連

製品概要  監査官の調査手法を学習した人工知能が平時のメールから不正の予兆を検知。全数監査の結果から関連メールを自動抽出、高精度なメール監査と工数削減を実現するシステム。

オススメユーザー  機密情報漏洩や国際カルテル、優秀な人材の流出、ハラスメントなどを防止したい企業。メール監査の効率化・精度向上を望む企業。


ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection  2016/02/15


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 秘文 Data Protection サービス年間利用ライセンス 5000円/台(税別)※最小契約数は100ライセンス

カテゴリ  暗号化 | 認証 | DLP

製品概要  ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。

オススメユーザー  顧客や取引先に渡した情報も閲覧停止することで、情報を「放さない」情報漏洩対策を行いたい企業担当者。


印刷イメージログ監視システム 「PrintInsight」  2016/10/01


ギガ+他

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 PrintInsightクライアント1ライセンス:7900円PrintInsightサーバー1ライセンス:39万8000円※税別

カテゴリ  統合ログ管理 | その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他物理セキュリティ関連

製品概要  印刷された文書の情報をすべて取得、保管し、その情報を把握・分析することで、印刷物からの情報漏洩を効果的に抑止する、紙媒体に特化したセキュリティソリューション。

オススメユーザー  流出が重大なリスクとなる個人情報や機密情報を扱っていて印刷出力することがあり、セキュリティを強化したいと考えている企業。


「漏洩 流出 違い」に関する特集



情報漏洩の原因として最も多いのが「紙」に印刷された情報の外部への流出。プロに聞く、紙の情報の適切な管理方法とは?


カテゴリ  文書管理 | DLP




情報漏洩の原因は、「外部要因」と「内部要因」とに大別できます。今回は、万が一「内部要因」による情報流出の疑いが起こった時に、一刻も早く原因を探り、誰が流出元になっていたのか特定する方法を紹介します。


カテゴリ   |




相次ぐ情報漏洩。強固なセキュリティ対策を施しても、小さな抜け穴から大きな被害につながるケースが増加中。そこで情報が流出したとしても“データの中身”を守るファイル暗号化ソリューションについて考えてみる。


カテゴリ  暗号化 |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「漏洩 流出 違い」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ