「法人・企業向けGOOGLE DRIVE」から探す!IT製品・セミナー情報

「法人・企業向けGOOGLE DRIVE」 に近い情報
「DRIVE」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「法人・企業向けGOOGLE DRIVE」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「DRIVE」に関するIT製品情報

SafeGuard Enterprise Encryption for Cloud Storage  2013/06/15


ソフォス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 参考価格100ユーザ企業:1ユーザあたり1180円税別

カテゴリ  暗号化 | リモートアクセス | オンラインストレージ/ファイルストレージ | サーバー管理

製品概要  PCから無料のクラウドストレージにUPするデータを簡単な操作で強固に暗号化。ノートPCやスマートフォンから場所を問わず、ストレージ上のデータを安全に利用可能。

オススメユーザー  「Dropbox」「SkyDrive」などのクラウドストレージを業務に利用したいが情報漏洩が不安。より安全に活用したい企業。


クラウド型ファイルサーバ 「FUSION Secure Drive」  2015/12/15


楽天コミュニケーションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用無料、最低利用期間なし▼基本サービス 月額費用 1200円/ユーザ▼利用ストレージ容量 月額費用 100円/GB※税抜

カテゴリ  ファイルサーバ | PCサーバ | 暗号化 | 認証 | ワンタイムパスワード

製品概要  Windowsエクスプローラで操作できる「使いやすい」クラウド型ファイルサーバ。暗号化通信、マトリクス認証を採用し、セキュリティは万全。

オススメユーザー  社内外でのファイル共有を安全かつ効率的に行いたい企業。ファイルサーバのクラウド移行を検討中の企業。


ScrewDrivers  2017/09/01


エアー

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 V6指名ユーザ サブスクリプションライセンス 5100円/年(税別)※詳細はお問い合わせ下さい。

カテゴリ  プリンター | その他仮想化関連

製品概要  仮想アプリケーション(XenApp、XenDesktop、Windowsターミナルサービス等)環境での複雑なプリンタ属性と印刷遅延を解消する仮想プリンティング製品。

オススメユーザー  仮想環境での印刷に関わる諸問題(ネットワーク帯域占有、プリンタドライバの管理、シンクライアント利用等)を解決したい企業。


機密情報漏洩対策ソリューション SECUDRIVE(セキュドライブ)  2017/03/01


ブレインズスクエア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  DLP | 暗号化 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  「企業の機密情報は絶対流出させない」をコンセプトに開発されたファイルサーバーセキュリティプログラム、デバイス制御などからなる情報漏洩防止ソリューション。

オススメユーザー  個人情報や知的財産など社内の機密情報の漏洩対策を検討している企業。また、業務の利便性を下げずに情報漏洩を防止したい企業。


スマートデバイス用データ共有サービス 「FUSION Secure Drive App」  2015/12/15


楽天コミュニケーションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ASP・SaaS
価格 初期費用無料、最低利用期間なし▼基本サービス 月額費用 900円/ユーザ▼ストレージ容量 月額費用 100円/GB※税抜

カテゴリ  MDM | オンラインストレージ/ファイルストレージ | ファイル共有 | ナレッジマネジメント | 文書管理

製品概要  スマホ、タブレットなどのスマートデバイス対応に特化したクラウド型データ共有サービス。メールでは送れない大容量ファイルでも、外出先からスムーズに共有できる。

オススメユーザー  個人で所有するスマホ、タブレットのビジネス利用(BYOD)を推進中の企業。ファイル共有を安全かつ効率的に行いたい企業。


「DRIVE」に関する特集



Office 365 とG Suite(Google)、どちらの使い勝手がお好き? OneDrive for Business と Google ドライブの特徴をそれぞれ整理。


カテゴリ  オンラインストレージ/ファイルストレージ |




 前回は、Google Drive(グーグルドライブ)の基本的な活用方法をご紹介しました。 そこで今回は、Google Driveの利用に向けて一歩踏み込み、Google Driveの共有権限を活用して、社内や社外のプロジェクトチームでスムーズに仕事を行うための4つの手順を紹介したいと思います。


カテゴリ  オンラインストレージ/ファイルストレージ |




 前回は、Google Appsに用意されている便利なアプリケーションをご紹介しました。 今回は、その中の1つ、Google Drive(グーグルドライブ)の使い方などをご紹介します。


カテゴリ  オンラインストレージ/ファイルストレージ |


「DRIVE」に関するニュース



 プレートは、新卒採用向けのWebサイト制作サービス「DRIVES for recruit」をリリースした。本サービスでは、通常の採用Webサイト制作に加え、コンテンツマーケティングの手法を導入し、SNSを通じて学生に初期認知を図り、母集団形成を行うことができる。第1弾として、2019年の新卒採用に向けて課題を持つ企業へ…


カテゴリ  人事管理システム | その他WEB構築関連




 日立製作所は、大量データを高速かつ柔軟に処理するフレームワーク「Hitachi Application Framework/Event Driven Computing(HAF/EDC)」のIoT向け機能を強化し、提供を9月29日に開始する。価格は個別見積もり。短期間でのシステム設計・開発と高効率な仮説検証により、IoTを活用した高付加価値なサービスの創…


カテゴリ  開発環境/BaaS | その他データ分析関連




 CData Software Japanは、業務アプリケーションの外部連携をサポートする「CData Drivers」シリーズを拡充し、「2017年版」として、80種類を超えるドライバーを一斉にリリースする。本製品は、複数のクラウドデータの連携を、標準SQLを使って低コストで実装できるライブラリだ。「Salesforce」「Google BigQuery…


カテゴリ  EAI | データベースソフト



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「法人・企業向けGOOGLE DRIVE」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ