「法人 ルータ シェア」から探す!IT製品・セミナー情報

「法人 ルータ シェア」 に近い情報
「法人 ルータ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「法人 ルータ シェア」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「法人 ルータ」に関するセミナー情報

IPv6ハンズオン〜ネットワーク編〜

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター


開催日

 6月29日(木)

開催地 東京都   参加費 4万円(税込)


カテゴリ  ネットワーク管理 | その他運用管理関連

概要  ●対象者:IPv4ネットワークの運用経験がある方、ルータやスイッチの運用経験がある人●難易度:★★★☆☆●内容:IPv6の実践的な設定ができる技術者の育成を目的…

オススメユーザー  ネットワークの設計・運用|情報システム部の統括|システムの設計・運用


「法人 ルータ」に関する特集



  2012年3月27日、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)ではブロードバンドルータを対象とした「ファジング」による脆弱性検出の有効性の実証結果を公開した。2011年12月から2012年2月の間にブロードバンドルータ6機種に「ファジング」を実践したところ、3機種で合計6件の脆弱性を検出した、といった内容を紹介している。読者の皆様は、「ファジング」という技術をご存じだろうか。 「ファジング(Fuzzing)」とは、ソフトウェア製品などに何万種類もの問題を起こしそうなデータ(例:極端に長い文字列)を送り込み、ソフトウェア製品の動作状態(例:製品が異常終了する)から脆弱性を発見する技術である。 ファジングのイメージが図1となる。図1では「問題を起こしそうなデータ」を1つ送るたびに対象ソフトウェア製品が応答することを確認している。「問題を起こしそうなデータ(1)、(2)」と順番に送り、「問題を起こしそうなデータ(12345)」を送ったところで対象ソフトウェア製品から応答がなくなってしまった。対象ソフトウェア製品のこの挙動を異常とみなすと、「問題を起こしそうなデータ(12345)」を送ったところで「脆弱性を発見!」となるわけだ。ファジングとは、対象ソフトウェア製品に問題を起こしそうなデータを片っ端から送ってみて、力ずくで脆弱性を発見する技術と言える。


カテゴリ  セキュリティ診断 |


「法人 ルータ」に関するニュース



 ソフトバンクは、一部エリアで下り最大612Mbps(ベストエフォート)の高速通信に対応する、法人向けモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 602HW」(ファーウェイ製)を2月中旬以降に発売する。本製品は、複数の周波数帯を束ねる「キャリアアグリゲーション」や、送信用(基地局)と受信用(端末)に各4本のアンテ…


カテゴリ  モバイル通信サービス | 無線LAN | ルーター




 ビジョンは、頻繁に海外渡航がある法人に適した、月額制のモバイルWi-Fiルーターレンタルサービス「グローバルWiFi Cloud」の提供を開始した。本サービスでは、日本を含む世界100以上の国と地域(うち4G-LTE対応が70エリア)を端末1台でカバーする。渡航先で電源を入れれば自動的に現地の通信事業者に接続でき、ク…


カテゴリ  モバイル通信サービス |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「法人 ルータ シェア」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ