「氏名 住所又は生年月日」から探す!IT製品・セミナー情報

「氏名 住所又は生年月日」 に近い情報
「氏名」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「氏名 住所又は生年月日」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「氏名」に関する特集



 情報理論で最も大事な考え方の1つが「Integrity:1つの情報の整合性が取れていること」。個人を特定するための氏名、年齢、…


カテゴリ   |




中堅・中小企業ではあまり導入が進んでいないワークフロー。月額300円から利用でき、社員番号と氏名、部署の登録だけで始められる“今どき”の ワークフローをご紹介します!初めて利用を考えている人は必見です!


カテゴリ  ワークフロー |




 現在インターネット利用者は、Webメール、ネットショッピング、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)などの様々なサービスが利用可能な環境にある。ほとんどのサービスでは、利用時にID(識別子)、パスワード、氏名、住所、性別などを利用者情報として登録する必要がある。さらに、Webメールやネットショッピングのサイトでは、サービスを利用することで、送受信したメールや、商品の閲覧履歴および購入履歴などの利用者情報も記録される。 これらの利用者の情報は、例えば、ショッピングサイトでは、おすすめ商品を提示するレコメンドサービスのような利用者の利便性向上につながるサービスに利活用されている。しかし、利用者情報は利用者のおおよその人物像を知ることができるプライバシ情報でもあり、利用者はこのようなサービスを便利に感じつつも、知らぬ間に利用者情報が別の目的に利用されていることに不安を抱いている(注釈1)。 本連載では、このようなプライバシに関わる個人情報に対して、利用者がどのような懸念を感じているのかを、IPAが2009年度に実施した「eIDに対するセキュリティとプライバシに関するリスク認知と受容の調査」の報告書(以降、eID報告書)(注釈2)をもとに解説する。EUにおいて同様の調査がすでに実施されていることから、EU市民と比較しながら、日本人の特徴について述べていくことにする。


カテゴリ  その他エンドポイントセキュリティ関連 |


「氏名」に関するニュース



 オフィスビービーは、ヘアカラー専門店向けの予約受付システムを発売した。本システムは、高齢者の利用を想定し、受付画面がシンプルで、氏名と電話番号を入力することで予約を行える。店頭に設置したタッチパネルからの予約とネット予約を同時に受け付けることができ、効率的な順番管理が可能だ。店頭で受け付けた…


カテゴリ  特定業種向けシステム |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「氏名 住所又は生年月日」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ