「標的型攻撃メール 対策 製品」に近い情報
「対策 製品」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「対策 製品」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説メールとは?

メールとは、企業内個人が社内/社外とやりとりする電子メールの送受信、保存、セキュリティ対策などを実現するためのITソリューション群のこと。具体的には、インターネットや専用線を介して、個人間あるいは個人対複数人などの間で、テキストデータ/画像データ/音声データなどをやりとりするための「電子メール」、社内外でやりとりされる電子メールを捕捉し、削除や改ざんができない状態でデータを長期保管すると共に必要に応じて検索/復元できる「メールアーカイブ」、企業が定めた情報セキュリティポリシーにのっとり、ポリシーに合致しないメールを事前に遮断できる「メールフィルタリングツール」、メール受信時にウイルスを含む添付ファイルなど有害なコンテンツを特定/除去したり、メールの差出人/内容などの情報を基に脅威となるメールを特定/遮断できる「アンチウイルス/アンチスパムソフト」などが挙げられる。

「対策 製品」に関する記事情報

伸びるデータ保護対策市場、GDPRが追い風か : 市場成長予測アーカイブ:

企業における情報保護対策は、個人情報保護法の改正やGDPRの施行により重要度が増した。暗号化製品やDLPの市場規模はどの程度伸びるのか。

標的型攻撃への対策状況(2018年)/後編 : IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員197人を対象にアンケート調査を実施した。社内セキュリティ体制や導入するセキュリティ製品など企業の標的型攻撃への対策状況が明らかになった。

2018年、セキュリティ対策の投資先で人気なのは? : 7つのITトピックス 2018:

1549人を対象に、企業におけるセキュリティ対策の実態を大調査。2017年に何らかの攻撃を受け、被害を受けた企業は何割に上るのか。2018年に追加投資を予定する製品、サービスとは?

「標的型攻撃対策ツール」シェア(2016年度) : シェア情報アーカイブ:

標的型攻撃が高度化、巧妙化するにつれ、対策製品市場も拡大している。シェア情報を紹介する。

最新の標的型攻撃対策ツールの動向を探る : IT導入完全ガイド:

アンチウイルス製品の導入だけでセキュリティ対策が万全な時代が再び来るのか。セキュリティ対策が困難さを増す時代、AI搭載のアンチウイルス製品の登場で対策はどう変わるのだろうか。

標的型攻撃への対策状況(2017年)/後編 : IT担当者300人に聞きました:

キーマンズネット会員312人を対象にアンケート調査を実施した。セキュリティ対策の社内体制や導入したいせきゅりてい対策製品などの実態が明らかになった。

「WAN高速化製品」シェア(2009年度) : シェア情報アーカイブ:

企業ネットワークにおけるWANの重要性が増し、遅延対策としての需要拡大が見込まれる「WAN高速化製品」市場。シェア情報を紹介する。

「対策 製品」に関するIT製品情報

大量データのバックアップとDR/BCP対策を低コストで実現する方法

クラウディアン株式会社

大量のデータを効率よくバックアップし、かつ的確なDR/BCP対策をするのに、従来型のストレージではコスト面などの負荷が大きい。そこで有効なのが低コストで広域共通ストレージ基盤を構築・運用できるオブジェクトストレージ製品だ。

マルウェア検知率99.7%、ひとり情シスでも運用できる次世代エンドポイント防御

NECソリューションイノベータ株式会社

日々新種が生まれるマルウェアに対し既知のものしか検知できない従来型のセキュ リティ製品は、もはや無力になりつつある。適切にシステムを防御するためには、 自ら学習することで、未知の脅威まで検知、防御できるAIベースの対策が必要だ。

時代のニーズに合致 ゲートウェイ型特権ID管理ソリューションの魅力

株式会社アシスト

不正アクセス対策として米国で広く認知されている特権アクセス管理の概念が、 日本でも普及しつつある。複合的な特権アクセス管理ソリューションの導入にあた っては、個々の機能を理解する必要がある。今回はそのうちの2製品を詳説する。

マルウェア検知率99.7%、ひとり情シスでも運用できる次世代エンドポイント防御

NECソリューションイノベータ株式会社

日々新種が生まれるマルウェアに対し既知のものしか検知できない従来型のセキュ リティ製品は、もはや無力になりつつある。適切にシステムを防御するためには、 自ら学習することで、未知の脅威まで検知、防御できるAIベースの対策が必要だ。

端末のセキュリティと運用効率を高める技術「ストリーミングプリベンション」

新日鉄住金ソリューションズ株式会社

エンドポイントのセキュリティは、従来の防御対策の高度化はもちろん、侵入を前 提とした検知・対応も求められている。そこで重要となるのは、EPPとEDRを一元的 に提供する製品の採用、そしてストリーミングプリベンションのような新技術だ。

「対策 製品」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。