「標的型メール対策 ホスティング」から探す!IT製品・セミナー情報

「標的型メール対策 ホスティング」 に近い情報
「標的型メール対策」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「標的型メール対策 ホスティング」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ホスティングとは?

ホスティングとは、データセンタ事業者側でサーバなどの機器類を用意し、顧客に貸し出すサービス。主にWebサイトを公開するためのWebサーバとして、あるいはメールサーバのコスト削減、運用負荷の軽減などを目的に、利用されることが多い。使用できるディスク容量やネットワーク帯域などによってサービス料金が変わってくる。レンタルサーバなどと呼ばれることもある。

「標的型メール対策」に関するIT製品情報

標的型攻撃入口対策ソフト 「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」  2016/05/01


エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 クライアントタイプ:50ユーザで19万円サーバタイプ:50ユーザで19万円※いずれも税別、保守料金別途

カテゴリ  メールセキュリティ |

製品概要  受信メールに紛れ込む不審なメールをリアルタイムで検知・隔離し、受信する前に警告を出して注意を促すことで、標的型攻撃を未然に防ぐソフトウェア。

オススメユーザー  標的型攻撃メール対策を検討している企業。


「標的型メール対策」に関するニュース



 ソースポッドは、標的型メール対策クラウドサービス「SPC Mailホールド」のオプションとして、必要なメールにのみポリシーを適用できる「フィルタリングオプション」を2017年3月にリリースする。SPC Mailホールドでは、スパム/ウイルス対策に加え、全ての受信メールの添付ファイルを分離する。メール無害化画面上…


カテゴリ  メールセキュリティ | アンチウイルス



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「標的型メール対策 ホスティング」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ