「標的型メールはUTMで防げるか」から探す!IT製品・セミナー情報

「標的型メールはUTMで防げるか」 に近い情報
「標的型メール」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「標的型メールはUTMで防げるか」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説UTM【Unified Threat Management】とは?

UTM(Unified Threat Management)は、主にインターネットと社内ネットの境界(ゲートウェイ)に設置し、通信の内容をセキュリティ上のさまざまな視点でチェックして、社内ネットワークと社外ネットワークの接続制御を行うシステム。ファイアウォールに加え、IPsec VPN、IDS/IPS、アンチウイルス、Webとメールのフィルタリング、更にSSL-VPNやWAF、DLP(Data Loss Prevention)、次世代ファイアウォールなどの防御対策機能が搭載されている。

「標的型メール」に関するIT製品情報

標的型メール訓練サービス  2018/05/22


日立ソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  メールセキュリティ | 電子メール | その他メール関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連

製品概要  単に社員ごとの開封/未開封が確認できるだけでなく、業務にあわせたメール文面のカスタマイズや、開封してしまった後の教育までサポートする標的型メール訓練サービス。

オススメユーザー  手間をかけずに効果的な標的型メールへの訓練を行いたい企業。


標的型メール攻撃対策ソリューション Active! zone  2018/03/17


クオリティア

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  メールセキュリティ |

製品概要  メールによるウイルスや標的型攻撃を無害化するソリューション。業務上必要なメール運用の妨げとならないような機能を搭載し、安全性と業務効率を両立する。

オススメユーザー  標的型メール攻撃対策を検討中の企業。社内ユーザーのITリテラシーがあまり高くなく、メールの運用に不安を感じている担当者。


標的型攻撃入口対策ソフト 「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」  2018/04/01


NTTテクノクロス

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソフトウェア
価格 クライアントタイプ:50ユーザで19万円サーバタイプ:50ユーザで19万円※いずれも税別、保守料金別途

カテゴリ  メールセキュリティ |

製品概要  受信メールに紛れ込む不審なメールをリアルタイムで検知・隔離し、受信する前に警告を出して注意を促すことで、標的型攻撃を未然に防ぐソフトウェア。

オススメユーザー  標的型攻撃メール対策を検討している企業。


サイバーインシデント対応演習サービス  2017/10/25


日立ソリューションズ

企業規模  企業規模問わず   製品形態  ソリューション・その他
価格 お問い合わせください。

カテゴリ  セキュリティ診断 | その他ネットワークセキュリティ関連 | メールセキュリティ | その他エンドポイントセキュリティ関連 | その他物理セキュリティ関連

製品概要  「標的型メール攻撃で情報が漏えいした」などインシデントの疑似体験を通じてインシデント発生後の判断力や対応力を高めるための演習サービス。主に経営層〜管理職が対象。

オススメユーザー  CSIRTの機能、体制を整備したが万一の際の対応が不安な企業。初動間違いによる被害拡大防止、初動対応手順の周知をしたい企業。


「標的型メール」に関する特集



標的型メール攻撃など、攻撃手段が巧妙化し、当該製品のニーズが高まる中、シェア1位と獲得したベンダとは?


カテゴリ  フォレンジック |




 前回は標的型攻撃に悪用されるマルウェアについて解説した。一般的な標的型メールを利用した攻撃では、トロイの木馬が悪用される。ほとんどのものが既知のマルウェアであるが、攻撃者によりウイルス対策ソフトウェアでは検出されないよう巧妙に作成されている。この傾向は、標的型攻撃に限らず、マルウェア全般に言える傾向かもしれない。このことは、私たちユーザ個人がマルウェア感染に気付く術がほとんどないことを示している。 そのような中、近年注目されているのが、第2のセキュリティ対策製品である。端末へインストールするタイプのものでは、脆弱性の悪用を未然に検出する製品や、DLP(Data Loss Prevention:情報漏洩防止対策)、暗号化製品が注目されているようだ。また、ネットワーク上に設置するものでは、アプリケーション層の監視を得意としたものや、実行ファイルの挙動をチェックするものなどが注目されている。いずれも単体での有効性では限界があるかもしれないが、従来のセキュリティ対策と異なる視点での監視ができるため、上手く長所を組み合わせることでのセキュリティ補強は期待できそうだ。そこで、本稿では今時のマルウェアに感染した際に発生する通信とその検出方法について解説していこう。


カテゴリ  IPS |



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「標的型メールはUTMで防げるか」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ