「標的型 対策製品 ランキング」から探す!IT製品・セミナー情報

「標的型 対策製品 ランキング」 に近い情報
「標的型 対策製品」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「標的型 対策製品 ランキング」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、みなさまの様々なニーズにお応えします。

「標的型 対策製品」に関するIT製品情報

NX NetMonitor+FireEye NX連携ソリューション  2017/04/22


日立ハイテクソリューションズ

企業規模  大企業・中堅企業 向け   製品形態  ソリューション・その他
価格 個別見積りとなります。詳細はお問い合わせ下さい。

カテゴリ  IPS | その他ネットワークセキュリティ関連

製品概要  マルウェア対策製品「FireEye NX」と不正PC監視/強制排除製品「NX NetMonitor」の連携により、標的型サイバー攻撃の検知と感染した端末の排除を自動化するソリューション。

オススメユーザー  標的型サイバー攻撃の検出から遮断までを自動化して迅速に対応したい企業。インシデント検出時の運用を効率化したい企業。


「標的型 対策製品」に関する特集



標的型攻撃が高度化、巧妙化するにつれ、対策製品市場も拡大している。65%のシェアを持つトップベンダーとは?


カテゴリ  アンチウイルス |




 前回に引き続き、標的型攻撃対策製品の持つ技術手法について説明する。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |




 昨年から度々メディアに取り上げられ、注目を集めている標的型攻撃。その主たる標的は一部の防衛産業企業や官公庁ではあるが、それらの標的と情報を交換する企業からの情報収集を目的として、標的型攻撃の攻撃範囲は拡大しつつある。一方で、製造業のCAD設計データや研究機関などの外部へ出てはいけない機密情報を搾取する、あるいは利用者の個人情報や金銭情報を搾取する目的の攻撃にも、標的型攻撃で使用されるツール・技術の転用が行われ、高度化が進んでいる。 標的型攻撃の攻撃手法についてはここ半年で何度か解説されているため、本稿では概要のみ紹介する。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 |


「標的型 対策製品」に関するニュース



 日本事務器(NJC)は、トレンドマイクロの標的型サイバー攻撃対策製品「Deep Discovery Inspector(DDI)」の運用を支援するサービス「DDIあんしんプラス」を8月に開始する。本サービスでは、NJCが自社のSOC(Security Operation Center)で培ったDDI運用ナレッジを活用する。インシデント(脅威の検知)からリス…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | アンチウイルス | 運用系業務アウトソーシング




 キヤノンITソリューションズは、Web情報漏えい対策製品「GUARDIANWALL Webファミリー」の第1弾として、標的型攻撃対策を強化したWebフィルタリングソフト「GUARDIANWALL WebFilter」の提供を5月29日に開始する。本ソフトは、企業のWeb通信の出入り口にあたるプロキシサーバとして動作する。URLフィルタリングによ…


カテゴリ  フィルタリング | アンチウイルス




 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」の「脅威情報自動登録オプション(ARMS)」連係製品に、トレンドマイクロのネットワーク型脅威対策製品「Deep Discovery Inspector」を追加し、4月28日に提供を開始する。Deep Discovery Inspectorは、標的型攻…


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | フィルタリング



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「標的型 対策製品 ランキング」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ