「業務で覚える ネットワークセキュリティ セキュリティ技術」から探す!IT製品・セミナー情報

「業務で覚える ネットワークセキュリティ セキュリティ技術」 に近い情報
「ネットワークセキュリティ セキュリティ技術」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「業務で覚える ネットワークセキュリティ セキュリティ技術」に関するIT製品・セミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報・比較表機能も充実。 資料請求も、まとめて簡単にダウンロードできます!

基礎解説ネットワークセキュリティとは?

情報漏洩などを引き起こすサイバー攻撃から企業・組織を守るためには、ネットワークを監視し、外部あるいは内部からの不正アクセスを検知し、それらに対して迅速かつ適切な対処を施せるような体制やシステムを整備しておくことが不可欠と言える。具体的な製品としては、ネットワークの境界にいわば関所として設置するファイアウォール、ネットワーク上に流れるパケットを監視して、攻撃や不正アクセスにつながる兆候などの検知を行い、防御対策を実施するIPS(侵入防止システム)、Webアプリケーションに対する不正な通信を食い止めるWAF(Web Application Firewall)、これらの様々な防御対策を1つのシステムに統合したUTM(Unified Threat Management)、基幹ネットワークに接続したクライアントPCの検査を行い、接続の許可/不許可を制御する検疫ソリューションなどが存在する。

「ネットワークセキュリティ セキュリティ技術」に関する特集



 自動車セキュリティ技術の研究開発中にあったことである。「この技術を何と定義したら良いか」 論争になった。技術に名前を付けることは、大したことのないように思うが、意外にも重要なことなのだ。それぞれの技術を明確に定義してこそ、その技術と他の技術の境界を分けることができ、分類によって、その技術に関連する全ての技術のマップを全体的にきちんと描くことができるようになり、それぞれの部分が意味するところが何なのかを正確に知ることができるからである。さて、自動車セキュリティ技術を何と呼ぶべきか。 「スマートカーセキュリティ」「コネクティッドカーセキュリティ」などの意見があったが、最終的には「自動車セキュリティ」と呼ぶことにした。技術的な観点からみると、スマートカーやコネクティッドカーという言葉が意味をより明確に伝達するが、何だか「現在の自動車のための技術」ではなく、「未来の自動車のための技術」のように見えるのではないかと懸念したためである。自動車セキュリティは、未来のための技術ではない。今、ここに必要な技術である。  世界を脅かすあらゆるリスクの中で最も危険なリスクは何だろうか。それは、準備もできていないのに、突然迫ってくる危険である。自動車セキュリティがそうだ。新たに登場した攻撃と防御戦闘に歓呼するいくつかのアーリーアダプターもいるが、ほとんどの人は「それは何?」と興味を持っていない。毎日新技術が登場しているにもかかわらず、安全意識は技術の速度に追い付いていない。 今後、いや、今もすでにコネクティッドカーは日常的になってきている。また自動車セキュリティは、運転手や歩行者の命がかかった非常に深刻な問題である。しかし、考えてみてほしい。準備は十分になされているか……。 では、自動車セキュリティの基盤であるコネクティッドカーの現在の技術を調べて、未来の技術を展望してみよう。


カテゴリ  その他ネットワークセキュリティ関連 | その他エンドポイントセキュリティ関連



製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。
「業務で覚える ネットワークセキュリティ セキュリティ技術」以外にも、製品情報と特集記事に加え、ITセミナー・企業向けIT製品ニュースも毎日更新!


ページトップへ